• 2017年12月18日更新
  • Yosshi

フィリピン料理ご存知ですか?現地人がオススメするフィリピンのローカルフード!

日本ではあまり馴染みが無いフィリピン料理ですが、意外に日本人の口に合う絶品料理が数多く存在します。甘めや酸っぱめ味付けの物が定番で、辛い料理があまりありません。なので辛いのが苦手な方や、甘めの料理が好きな方にはオススメです。今回はセブ島に長期滞在してハマってしまった、フィリピン人から教えてもらった美味しいメニューを紹介します。

定番のフィリピン料理といえばまずは「シング」!

 シシグ

フィリピン料理で最も代表的かつポピュラーなメニューといえば「シング」です。細かくカットした脂身の多い豚頬肉を、醤油とビネガーで炒めた物で、味は甘辛く、テリヤキソースの様な味になっています。レストランによって細かな違いはありますが、半熟の目玉焼きを上に乗せたり、半熟の卵焼きの上にシシグが乗せてあります。しっかりした味付けなので、ライスの上にシングを乗せて丼にすると、ライスにタレが絡んで何杯でも食べられそうなくらいやみつきになる味です。

セブ島のビーチを眺めながらシーフドを♪フィリピン風ホタテのバター焼!

 フィリピン風ホタテのバター焼

日本にもある「ホタテのバター焼き」ですが、フィリピンの味付けはひと味違います。にんにくバターを使った濃いめの甘い味付けがしてあります。炭火で焼くスタイルのお店が多いフィリピンでは、調理中もバターの甘い香りがしてきて食欲をそそります。フィリピン人に聞くと、スペシャルなディナーには欠かせないくらい大好きな料理だそうです。フィリピン人は甘い味付けを好む人が多く、お酒を飲まない人は糖分カットじゃないコーラとともに食事を楽しむそうです。

フィリピンローカルフードのナンバーワンは「マグロのカマ」!

 マグロのカマ

フィリピン人にオススメのフィリピン料理を聞いて、ダントツで多かった回答がこの料理。見た目は地味ですがマグロのカマを炭火焼きにしたダイナミックなメニューです。香ばしく、フォークを入れると身が簡単に骨から剥がれるほど柔らかく、脂が乗って最高に美味しいです。フィリピンは高級レストランに行ってビールなどをオーダーしても1人1000円ほどと、とても安く美味しい物を食べられます。綺麗なビーチも多いので、次の休暇は是非フィリピンを訪れてみてください。

旅行先で楽しみのすることの一つといえば、やっぱり料理!今回紹介したフィリピン料理以外にも、たくさんのローカルフードがあります!人気のスポットセブ島のリゾートで、美しいビーチを眺めながら美味しいシーフード料理を食べるのはどうですか?もちろん魚介だけではなく、定番の「シング」も忘れずに♪しっかり遊んでお腹をすかせて、満足いくまでフィリピングルメを楽しんでください!

この記事は2016年11月5日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

Yosshi
世界各国を旅しながら4年以上海外生活をしているYosshiです。海外各地を数年から数ヶ月ずつ滞在しながら現地の魅力を楽しんでいます。ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オセアニアなど住んでみたからわかる魅力や、現地の楽しい観光情報からディープなローカル情報までお届けします。トリドリを見てくださった皆さんが一生心に残る旅が出来るように、心を込めて記事を書き溜めて行きますので旅のヒントにして頂けたらと思います。