• 2018年7月18日更新
  • Yokito

タイのエメラルドケーブってどんなとこ?ムック島のモラコット洞窟が素敵すぎる!

今回ご紹介するのは、女子旅でも人気の高い東南アジアのリゾート地・タイにある絶景スポット「モラコット洞窟(Morakot Cave)」。まだ日本での知名度は低いからこそ、是非とも早めに訪れておきたい、そんな素敵なスポットになっています。

では、さっそくどんな絶景スポットになっているのか見ていきましょう!

絶景スポット「モラコット洞窟」って、どこにあるの?

モラコット洞窟

タイの首都バンコクから飛行機で約1時間半の離島「ムック島」は、大自然がそのままの形で残る絶壁で囲まれた島のこと。付近のトラン海でも3番目に大きな島となっており、美しい秘島として知られています。

モラコット洞窟の入り江でくつろぐ人々
Photo credit: Nik Cyclist via Visual Hunt / CC BY

このムック島を訪れる観光客の一番の目的こそが、絶景スポットとして名高い「モラコット洞窟(エメラルドケーブ)」!このモラコット洞窟はまだ知名度こそ低いものの、信じられない程美しい絶景が見られる場所となっているんですよ♪

モラコット洞窟を抜けると広がる絶景ビーチ!!

モラコット洞窟

このモラコット洞窟は、干潮時に現れるムック島の西側絶壁のわずかな高さの洞窟のこと。この洞窟の入口からは幅約10m、直径約80mの真っ暗な水路が繋がっており、その水路をドキドキしながら1人ずつ順番に奥まで泳いで行きます。

この水路を泳ぎ奥まで抜けると、なんと目の前に広がるのはエメラルド色の美しい絶景の入江っ!!干潮時にしかアクセスできない秘密の入江のような神秘的なムードがあり、360°を石灰岩の断崖に囲まれている為、映画のワンシーンに溶け込むような感覚にもなっちゃいます!あんな小さな洞窟の入り口から、こんな素敵な場所へ繋がっているなんて…☆ドキドキハラハラしながら泳ぐ価値大ですよね♪

モラコット洞窟へアクセス方法は?現地ツアーの利用がオススメ♪

モラコットケーブ
Photo credit: Rev Stan on Visual Hunt / CC BY

モラコット洞窟への行き方ですが、まずバンコクから飛行機で約1時間30分かけてトラン県へ向かい、次に空港から車で約1時間の西部のパクメン桟橋へ行きます。ムック島にはこの桟橋からボートで約40分となっており、自分で手配することもできますが、やはり現地ツアーを利用をするのが簡単でオススメ♪

モラコットケーブ突入

この近辺にある各島からモラコット洞窟を訪れるガイド付きツアーが多数用意されており、日本から予約していくこともできます。これらのツアーにはモラコット洞窟探検の他に、他島でのシュノーケリングやランチなどがセットになっている場合も♪ハイシーズンだと予約がいっぱいということもあるので、是非とも事前に予約してタイに遊びに行っちゃいましょう!

■モラコット洞窟(エメラルドケーブ)
この記事は2017年7月4日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。