村中がアート?! カラフルなフォトジェニックスポット釜山「甘川洞文化村」

韓国第2の都市・釜山にある「甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)」。山の斜面に民家が密集して建つ光景から、“韓国のマチュピチュ”と呼ばれています。所狭しと建てられた家屋の間を縫うように張り巡らされた小路はまるで迷路のように見え、不思議な風景を創り出しています。今回はそんな甘川洞文化村の楽しみ方をご紹介します。

甘川洞文化村はどうして村中がアートだらけに?

甘川洞文化村

甘川洞文化村の成り立ちは、朝鮮戦争時代にさかのぼります。北朝鮮側から逃げてきた人々が甘川洞文化村のあたりに住むようになり、この集落の風景を気に入った芸術家や写真家たちがギャラリーを作り始めます。2009年からは「マチュピチュプロジェクト」として村全体にアート作品が飾られるようになり、甘川洞文化村はアートで知られる観光地になりました。
真っ先に目につくのはカラフルに塗られた家屋が並ぶ光景ですが、一歩村に入ると、いたるところでオブジェや壁画などの作品を目にすることができます。どこを歩いてもユニークで、一日中散策していても飽きません。

おすすめのフォトスポットはどこ?

カラフルで可愛らしい、アートが溢れる甘川洞文化村は、今フォトジェニックな観光地として人気が高まっています。どこを切り取っても絵になって、とってもSNS映えのする写真が撮れるんですよ。風景に溶け込む人型オブジェや色鮮やかなタイル画「天使の羽の絵」など人気の写真スポットはいくつもありますが、特におすすめは、星の王子さまと王子さまの友達のキツネが並んで座っている場所。有名絵本のキャラクターたちとの素敵な1枚を撮影しようと、順番待ちの列ができることも珍しくありません。

金海国際空港から甘川洞文化村への行き方

金海国際空港からアクセスする場合は、まず土城駅もしくはチャガルチ駅を目指します。空港から金海軽電鉄に乗り沙上駅まで行き、そこから地下鉄2号線で西面駅へ。地下鉄1号線に乗り換えて土城駅もしくはチャガルチ駅で下車。所要時間は約45分です。そのあとはバスかタクシーで甘川洞文化村へ。
どちらの駅からもバスは1-1、2、2-2番に乗り、「感情小学校(カムジョンチョドゥンハクキョ)」で下車。土城駅から約15分、チャガルチ駅からは約25分です。

甘川洞文化村
所在地
釜山広域市沙下区 

アートが溢れる釜山のフォトジェニックスポット甘川洞文化村。これから釜山へ行く方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。