シンガポールの「シーアクアリウム」がすごい!リゾートアイランド・セントーサ島の巨大水族館!

広大な敷地の中に、シンガポールの観光地として有名なUSJシンガポールやホテルにカジノ、レストランなどを兼ね備えた超大型リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ」。ココに世界最大級の水族館もあるのをご存じですか!?日本最大級の美ら海水族館のなんと約6倍もの水量がある「シーアクアリウム」。これは行かずにはいられない!!

世界最大の水族館は迫力が凄い!

シンガポール シーアクアリウム
Photo credit: Paf – games sport casino on Visualhunt.com / CC BY

「シーアクアリウム」は2012年末にオープンしてから、世界最大級の水族館ということで多くの人の注目のスポットとなり、日本をはじめとして、海外からの観光客で話題の観光スポットです。南アジアからアラビア湾の方まで、海のシルクロードに沿って10のテーマに分けられたゾーンには、実に800種類の海の生き物を見ることが出来ます。日本じゃ考えられないくらいのスケールの水族館で、子供だけでなく大人でも大満足なこと間違いなしです!

特にオススメなエリアは4つ!

10個のテーマゾーン全てを隈なく見るのは相当な時間がかかります。中でもココだけは必ず押さえて欲しい!というところを4つご紹介します。

オーシャンギャラリー

シンガポール オーシャンギャラリー
Photo credit: .Martin. on Visual Hunt / CC BY-ND

シーアクアリウムの最大の見せ場。ここだけで、なんと5万匹の海洋生物が観られます!巨大な水槽も世界最大級の規模で、高さ8.3m、幅はなんと36m。水槽の上で泳ぐ魚を見るのには、首が少々痛くなりそうですね(笑)

オーシャンドーム

シンガポール オーシャンドーム
Photo credit: Chregu on VisualHunt / CC BY-SA

オーシャンギャラリーの一部を、ドーム型の天井から覗くことが出来るゾーン。タイミングがよければ、巨大なマンタがすぐそこに観られるかもしれません♪

コーラルガーデン

シンガポール コーラルガーデン
Photo credit: gabfeng on Visualhunt.com / CC BY-ND

マラッカ海峡とアマンダン海を再現したエリアは、筒状の水槽で360度どこからでも魚たちを観賞できるのがポイント。美しい南洋の魚たちが泳ぐ姿はキラキラと輝いています。ヒトデやナマコを触れるタッチプールもあり、人気のエリアです。

シャークシー

シンガポール シャークシー
Photo credit: Paf – games sport casino on Visualhunt / CC BY

シーアクアリウム最後のエリアとなるシャークシーには、恐ろしいくらいのサメが!なんと200匹以上いるのだとか。気性の荒いサメ、絶滅の危機にさらされているサメなど、様々な種類のサメがトンネル状の水槽で泳いでおり、下からも横からもこれでもかという位眺めることができます。

混雑するの?チケット料金は?

シンガポール シーアクアリウム
Photo credit: milst1 on VisualHunt.com / CC BY-SA

オープンしてから日が経っているので、随分混雑も緩和されてきました。とはいえ、週末はやはり混雑することが多いので、朝早くから向かった方が良いでしょう。入場料は1日券で大人39シンガポールドル、4歳から12歳の子供で29シンガポールドル。1シンガポールドルがだいたい(レートは都度変動しますが)83円くらいとして、大人が約3,200円、子供が約2,400円といったところです。

シーアクアリウム
住所
8 Sentosa Gateway,Resorts World Sentosa,Singapore 098269
電話番号
+65-6577-8888
営業時間
10:00〜19:00
定休日
入場料
大人/39シンガポールドル、子供(4歳から12歳)/29シンガポールドル

この記事は2017年11月27日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。