ミャンマー三大観光地の一つ「インレー湖」!美しい風景と現地民族の暮らしぶりにふれる♪

ミャンマーの観光名所の一つである「インレー湖」は、標高800m以上という高地に位置し、南北22km、東西12kmの細長い形をした湖です。なんとインレー湖にはおよそ15万人のインダー族の人々が水上に住居を建てて暮らしており、彼らの生活はすべてこの湖の上だけで成り立っています。
美しい水上都市の光景が見られるインレー湖についてご紹介します。

フォトジェニックな風景が広がる湖

インレー湖 湖上の家

水上で暮らす人々や水上マーケットなどの生活風景もインレー湖の見どころですが、なんといっても最大の魅力は広大な湖の美しさ!43.5平方キロメートルもの面積を誇るこの地域にあった4つの湖の近くに住む鬼が1つにしたという伝説が残っているほど。 湖自体の美しさはもちろん、湖面に映る雲や水上住居の風景は絵画のようで、時間を忘れていつまでも眺めていたくなります。非現実的な光景とゆっくりと流れる時間に心が癒されますよ。

独特な漁法を目の前で!ツアーに参加して見学しよう!

インレー湖 ボート

インレー湖名物の一つが、インダー族が行う漁風景。片足で船のオールを巧みに操る様子がとてもユニーク。これは漁の際に両手が使えるよう編み出された方法なんだそうです。漁は釣鐘状の網を沈めておき、湖底をかき回した時に上がってくる魚を捕らえるというもの。
また、漁風景の他にもインレー湖を巡るボートツアーでは水上マーケットや家屋に立ち寄るなどしてインダー族の生活風景を間近に見ることができるので、ぜひツアーで見学しましょう。

首都ヤンゴンからインレー湖への行き方

ウーベイン橋 インレー湖

ヤンゴン国内線空港からへーホー(Heho)空港までのフライトが約1時間15分、空港からインレー湖まではタクシーで30分ほどです。交通費を節約したい方はバスでのアクセスも可能ですが、ヤンゴン市内からバスターミナルが離れており、所要時間も約13時間かかるので、旅慣れていない方にはあまりおすすめできません。
インレー湖では観光の際、外国人入域料として10ドルが必要になります。ツアーでも個人手配でも必ず入場券売り場を通りますので、その際に支払いましょう。

インレー湖
所在地
Nyaung Shwe, Myanmar

フォトジェニックなインレー湖。独自の生活習慣や文化を持つ民族との出会いもインレー湖観光の醍醐味なので、ぜひ現地の人たちとふれあってみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。