インドの可愛すぎる街“ピンクシティ”の「ハワー・マハル(風の宮殿)」が見てみたい!

インドの北部に位置するラジャスタン州。その州都ジャイプールの旧市街は、ピンク色の城壁に囲まれていて、別名“ピンクシティ”と呼ばれています。ジャイプールには観光スポットがたくさんありますが、今回オススメしたいのが「ハワー・マハル(風の宮殿)」。たくさんの小窓が特徴的なピンク色の宮殿です。なぜ“風の宮殿”と呼ばれているのか、謎めいたハワー・マハルの魅力をお教えします!

この記事のもくじ

  1. “風の宮殿”ハワー・マハルとは?
  2. ハワー・マハルの見どころについて
  3. 観光におすすめの時間帯はいつ?
  4. ジャイプールへのアクセス

“風の宮殿”と呼ばれるハワー・マハルとは?

風の宮殿 ハワーマハル

ハワー・マハルはかつてこの地域を治めていた王様が、1799年に建てた宮殿です。外壁にピンク色の砂岩を使用している為、淡いピンク色の外観がとってもキレイなんです。通りに面した宮殿の一番目を引く部分は山形になっていて、これはヒンドゥー教の女神・クリシュナの王冠がモデルとなっているんですよ。神秘的でインドらしい建物ですよね。

風の宮殿 ハワーマハル

たくさんの小窓には2つの目的があり、1つ目は風を宮殿内に取り入れること。
小窓からは効率よく涼しい風が入るので、暑いインドの気候でも快適に過ごせるんですよ。「ハワー」は“風”、「マハル」は“宮殿”という意味。“風の宮殿”の由来はこの構造にあったんです!

ジャイプール ピンク・シティ

2つ目は、宮殿に暮らす女性たちが街の様子や祭りを見ること。
当時は女性を社会から隔離する風習・制度があり、人々の目に触れることが許されていませんでした。窓は小さいので、女性たちは街の人々の目に触れることなく、景色を眺めることができたのだそう。

美しい装飾が施されたフォトジェニックな宮殿

風の宮殿 ハワー・マハル

各バルコニーに付けられている小窓はなんと全部で953個!小窓は格子状やハニカム状の透かしになっているので、外からは見えにくくなっています。緻密で美しい見た目だけでなく、当時の建築様式も注目どころですね♪

ハワー・マハル
Photo credit: piyush.k on Foter.com / CC BY

内部は中庭があり、四方を建物で囲んでいる造りになっています。バルコニーにも立ち入ることができ、最上階まで登ると“ピンクシティ”を一望できますよ。宮殿の貴婦人になった気分で、絶景を楽しんでみてくださいね♪
そのほかにもアーチ状の柱や円柱など見事な建築を見学することができます。細かな装飾が施された部屋や、ステンドグラスがはめられた窓など、とっても色鮮やか♪

ハワー・マハルに行くおすすめの時間帯はいつ?

ハワー・マハル
Photo credit: timeflicks on Foter.com / CC BY-ND

オススメの時間帯は、日没や日の出のタイミング。バッチリ合えば夕日や朝日を浴びる美しいハワー・マハルを見ることができますよ。また、夜間にはライトアップもされていますが、見たい方は安全面のことを考えて、夜でも早めの時間帯に行きましょう♪

ジャイプールへのアクセスは?

ハワー・マハルのあるジャイプールは首都デリーの南西にあたるインドの北部に位置するラジャスタン州にあり、主な行き方はデリーからとなります。
電車、バス、飛行機での行き方があり、一般的なのは電車ですが、バスでも所要時間は変わらず約5時間です。 ジャイプールには飛行場もあるので国内線を利用でき、ニューデリーから45分で到着します。

“ピンクシティ”ジャイプールのシンボルにもなっているハワー・マハル。当時の王様の権力が伺える荘厳で美しい建物ですよね。“風の宮殿”とも言われる宮殿に訪れて、ぜひ現地の風を体感してみてくださいね。

ハワー・マハル
住所
Hawa Mahal Rd,Badi Choupad,Pink City,Jaipur,Rajasthan 302002,India
営業時間
9:00~16:30
定休日
入場料
50インドルピー

この記事は2017年12月14日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。