グアムの“青い洞窟”へ!洞窟の天然プールが楽しめるトレッキングが最高♡

グアムは南国ムードただよう人気のリゾートアイランド。そんなグアムで話題沸騰中のスポットが「パガットケーブ」。ジャングルの奥地にある洞窟で、中には天然のプールが広がっています!
今回は、持ち物や注意点を含め、パガットケーブへのトレッキングツアーを紹介します。

熱帯雨林が広がるグアム

グアムというと、爽快なマリーンリゾートというイメージが強いですよね。でも実は、島の大半は鬱蒼としたジャングルなんです。「どうして?」と思う人もいるでしょうが、グアムは熱帯雨林気候の島。植物がよく育つ温暖な気候で、雨もよく降るため、島にはアドベンチャー感満点のジャングルが広がっているのです。

トレッキングツアーでパガットケーブへ

パガットケーブへ行くには、トレッキングのツアーに参加するのがおすすめです。日本を発つ前に旅行代理店などで予約をしておくと、スムーズにツアーに参加できます。個人で行くこともできますが、パガットケーブがあるのは、歴史地区に指定されたエリア。自然保護や立ち入りに関するルールがいくつもあります。でも、ツアーなら現地に詳しいガイドさんが付くので、安心してトレッキングが楽しめるはず。しかも、ツアーなら、ホテル発着の送迎や日本語ガイドなどのサービスも受けられます!

トレッキングの準備と必須の持ち物は?

ツアー参加にあたって気を付けたいのは、服装や持ち物ですよね。トレッキングのルートはほとんどがジャングル。転倒してケガをする危険性もあるので、歩きやすい靴、帽子、薄手の長袖シャツと長ズボンを着用するようにしましょう。水着はあらかじめ着ておき、泳ぐ時のためにマリーンシューズを持参するととても便利です。パガットケーブの位置が気になる人は、地図やコンパスを持っていくと楽しみが倍増します!もちろん、カメラの防水対策も忘れずに。

@tsukimi________がシェアした投稿

あったら便利なアイテム、他には非常食。多くのツアーは食事付きで、道に迷うこともないとは思いますが、非常食があれば万が一の時に安心ですよね。休憩中におやつが食べたくなった時にも役立つはず。また、不必要な貴重品や現金は極力持って行かないこと。ツアーにはたくさんの観光客が参加しているので、盗難に遭わないよう注意が必要です。なにより、所持品を必要最小限にすると、荷物が軽くなって歩きやすくなります☆

絶景と洞窟を目指して出発!

準備ができたら、パガットケーブに向けていざ出発!洞窟までは、トレッキングスタートから約1時間の道のり。ジャングルを切り開いた道をひたすら歩いていきます。道沿いには、熱帯雨林気候特有の珍しい植物や花も。自然の生命力がみなぎるジャングルの眺めは圧巻で、ビーチとは違ったグアムの魅力が満喫できます!

地下水がたまってできた天然のプール

やがて、目指すパガットケーブの入口が見えてきます。入口は植物に覆われていて、いかにも秘境といった感じの眺め!ここまできたら、あと少し。足元に気を付けながら、いよいよ洞窟の奥へ入っていきます。

パガットケーブ最大の見どころは、地下水がたまってできた天然のプール。上から差し込む光が反射して、地下水が青く光って見えます!ひんやりとした地下水が、疲れた体を優しく包んでくれます!パガットケーブは、自然の驚異を肌で感じ取ることができるところ。絶景が広がるパワースポットなのです。

洞窟からジャングルの先にある海へ

Ayanoさん(@ayabaaaana)がシェアした投稿

パガットケーブで疲れを癒したら、次の目的地に向けて出発。ジャングルの先にある海を目指します。そして、ジャングルを抜けると、目の前には驚きの光景が。視界が開けて、パガットクリフと呼ばれる断崖が見えてきます!そこは、観光客でにぎわうビーチとはまったく違う、グアムのもうひとつの姿。トレッキングのツアーに参加すれば、手つかずの自然が残るグアムの洞窟と海がたっぷり楽しめるでしょう。

■パガットケーブ
住所
Yigo, Guam

※情報は記事公開日時点のものになります。