絶景のオンパレード!ノルウェー最大のフィヨルド「ソグネフィヨルド」をご紹介

氷河が侵食してできた狭い湾「フィヨルド」。そのダイナミックな景観は世界中の旅行者を魅了しています。中でも世界最大級の規模を誇る「ソグネフィヨルド」は内陸深くまで入り込んだフィヨルドが続き、最も深いところでは水深1,308m!周囲には標高1,700m級の山々がそびえ、圧倒的なスケールの大きさが魅力なんです!

フィヨルドに行くならクルーズ観光はハズせない

ネーロイフィヨルド

フィヨルド観光ならクルーズが断然オススメ。沿岸の街、グドバンゲンやフロムからフェリーが運行しているので、ぜひ乗船してみましょう。クルーズ一番の見どころは、ソグネフィヨルドの支流でもある「ネーロイフィヨルド」。世界遺産にも登録されていて、幅250mの一番狭い場所を通り抜ける時は、両サイドの山々が迫ってくるような感覚を味わうことができますよ。

絶景を見ながら列車での旅を楽しめる「フロム鉄道」

フロム鉄道ショースフォッセン駅

海からの絶景を楽しんだら、山の絶景も楽しみましょう。フロムから運行している「フロム鉄道」は、ソグネフィヨルドの海抜ゼロ地点から海抜867mの高山を走る鉄道。高い木々が無いため、開けた景色を車内から楽しむことができますよ。絶景ポイントの「ショース滝」ではスピードを落としてくれるのでじっくり観賞できます。途中下車もできるのでフォトスポットとして押さえておきましょう♪

■フロム鉄道

ソグネフィヨルドのオススメ絶景スポットをご紹介

ソグネフィヨルドにはたくさんの見どころがありますが、そのなかでも特に人気のスポットをご紹介します。

一つ目は、氷河が削った壮大な景色に息を呑む「スタルハイム渓谷」。
険しい山腹をくねくねと曲がる急カーブが続く道沿いには、それぞれ高さ120m、140mを超える滝が2つあり絶景のドライブを楽しむことができます。渓谷の上にあるスタルハイム・ホテルからは、先ほどご紹介した「ネーロイフィヨルド」と共に世界遺産登録された「ネーロイ渓谷」が見えます。
スタルハイム渓谷へは、フロムやグドバンゲンから車またはバスでアクセスできるので、ぜひ行ってみてくださいね。

ステーガスタイン展望台からの眺め

二つ目は、「ステーガスタイン展望台」。ソグネフィヨルドの支流「アウルランフィヨルド」を一望できるスポットです。こちらの展望台は30mの長さがあり、山腹から突き出るように設置されているので、大パノラマの景色を楽しむことができますよ。

■スタルハイム渓谷
■ステーガスタイン展望台

世界遺産の可愛い街並みが必見のベルゲン

ノルウェー ブリッゲン地区

フィヨルド観光の見どころは、自然の景色だけじゃありません。観光の拠点の街の一つ、ベルゲンにあるブリッゲン地区は一見の価値あり。ベルゲンはかつて重要な貿易拠点として栄えた町で、当時の面影を残す切妻屋根の木造建築が並んでいます。世界遺産に登録されている歴史深い建物群ですが、現在でも土産店やレストランとして利用できます。カラフルで可愛い景観はとってもフォトジェニックなので、ぜひ行ってみてくださいね。

■ベルゲン

オスロ&ベルゲンからソグネフィヨルドへの行き方

ソグネフィヨルド

ソグネフィヨルドへは、首都オスロかベルゲンから向かいます。車の場合の所要時間はオスロから4~6時間、ベルゲンからは2~3時間です。また、オスロとベルゲンを結ぶベルゲン鉄道を利用する場合、オスロからミュルダールが約5時間、ベルゲンからミュルダールが約2時間です。ミュルダールで下車しフラム鉄道やクルーズでフィヨルド観光を楽しめますよ。
フィヨルド観光のベストシーズンは夏の6~8月です。ツアーも催行しているので利用すると便利ですよ♪

クルーズや鉄道は年間を通し運行していますが、オフシーズンの冬季は運行数が少なくなるので、事前にチェックしておきましょう。ぜひベストシーズンに合わせて予定を立ててみてくださいね!

■ソグネフィヨルド

※情報は記事公開日時点のものになります。