水の都”ベネチアは冬もまたいい!夏には味わえない魅力を楽しみに行こう

イタリアの「ベネチア」と言ったら、青い空のもと、街中に張り巡らされた運河をゴンドラがゆったりと進み、水辺には色とりどりの建物が並んでいる…というイメージではないでしょうか?確かに夏は大体の方がイメージする通りの風景なのですが、冬のベネチアは夏とは少し趣が違います。
冬には冬の良さがあり、やっぱり一年中美しい!ってことを再認識させられます。今回はそんな冬のベネチアをご紹介します。

冬の天候はどんな感じ?

アクアアルタ

「ヨーロッパの冬は寒い」とよく言われますが、ベネチアも例外ではなく、町の人たちはダウンの上着を着て、完全防寒の格好。天気も夏に比べて雨が多く降ります。さらに秋から春にかけてはしばしばベネチアの冬の風物詩「アクアアルタ」が発生します。
アクアアルタとは、満潮により町の一部が水に浸かる現象のことで、季節風など様々な要因が絡み合って起き、近年では年間60回以上発生しています。その時々で水に浸かる深さも変わり、アクアアルタ予報もあるそう。日本人の私たちから見ると「洪水?水害?」と不安になってしまうぐらい冠水していますが、地元の人は慣れたもので長靴を履いてずんずん歩いています。アクアアルタが発生すると靴にかぶせるビニールカバーなどが売り出されますが、折り畳みの長靴を日本から持参する、というのもいいかもしれませんね。ベネチアの美しい景色が町のあちらこちらで水鏡に映りこむ光景はこの時期だけ。これだけでも一見の価値ありますよ!

夏の混雑が嘘のよう!?冬のゴンドラ

冬のゴンドラ

オフシーズンだけあって冬は夏に比べて観光客がかなり少ないので、ベネチアのシンボルであるゴンドラも混雑なく、すんなり乗れてしまうんです!夏場は大混雑で乗るのを諦めたり、乗るまでにすごく時間がかかったり…なんてことがあるかもしれませんが、冬場はそんな心配はご無用!うっとりするような日の入りの時間も狙えます。ゴンドラに乗る時間帯に乗れるのも、混雑のない冬だからこそです。

自分のペースでゆ~ったり観光しよう

夜のサンマルコ広場

ベネチアではずせない観光スポットといえば、サンマルコ寺院やドゥカーレ宮殿をあげる人が多いでしょう。どちらもとても素敵な場所ですが、夏場は人が多くじっくり観光できません。静かに堪能したいなら、やはり冬がオススメ。また、人や鳥で大賑わいの街のメイン広場、サンマルコ広場も冬の夜は夏の賑わいが嘘みたいに静かです。夏の間は写真を撮っても、広場を撮っているのか人を撮っているのか、もはや分からないほどですが、冬の夜の広場はとても人が少なく静かで、まるで広場を独り占めしているように感じることができるでしょう。ライトアップされた広場はこの上なくフォトジェニックですよ!

サンマルコ寺院
住所
San Marco, 328 30124 Venice
電話番号
+390412708311
営業時間
平日/9:30~17:00(最終入場 16:45)
日祝日/14:00~16:30(最終入場16:15)
入場料
無料
定休日
ドゥカーレ宮殿
住所
San Marco,1 30135 Venezia
電話番号
+390412715911
営業時間
11~3月/8:30~17:30(最終入場16:30)
4~10月/8:30~19:00(最終入場18:00)
入場料
20ユーロ
定休日

世界三大カーニバルのひとつ、ベネチアのカーニバルで自分を解放しよう!

カーニバル

ベネチアの街を歩いていると、仮面を売っているお店が多いことに気が付きます。繊細な細工が施されている仮面には思わず目を奪われてしまいますよね。この仮面はカーニバルで使うお面で、ベネチアのカーニバルはリオ、トリニダード・トバゴと並ぶ、世界三大カーニバルのひとつといわれているんですよ。冬に開催されますが、カーニバルの約2週間の期間中は冬のベネチアといえど大賑わい。誰でも参加できるので、世界中から人々が集まり、皆思い思いの衣装や仮面で仮装します。仮面を買わなくても、期間中は顔に直接仮面の絵を描いてくれる絵師さんが街にたくさんいるので、手軽に変身できちゃいます!しかし、せっかくなら徹底的に変身してカーニバルをとことん楽しみましょう!

   

ベネチアへのアクセス

日本―ベネチア間の直行便はなく、空路でベネチア入りするなら経由便となります。ヨーロッパの主な都市やドバイ、ソウルなどの都市からはベネチア行きが就航しています。
成田空港からアリタリア航空がローマ行きとミラノ行きの直行便が就航しているので、直行便でイタリアに入ってから乗り継ぐこともできます。
空港はベネチア市街から約7キロのところにあり、鉄道駅の近くにあるローマ広場までリムジンバスが走っています。サンマルコ広場に行く水上バスもありますよ。
鉄道でアクセスも可能で、ミラノからは特急で約2時間半、ローマからだと約3時間半で到着します。イタリアの主な都市の他、ドイツやスイスからの国際列車も発着します。
ローマ広場から先は自動車やバスの乗り入れができないので、徒歩か水上交通だけになります。

人気の観光地はオフシーズンでもやっぱり魅力的です。みんなの知らないベネチアを見つけに行きましょう!

この記事で取り上げた施設について

※情報は記事公開日時点のものになります。