• 16/05/29
  • ファッション
  • 310views

トリドリ編集部

伝統と現代の感性の融合!絶対にチェックしておきたい「インドネシアのファッション文化」

バティック(女性が布を染めている様子)

Photo credit: Sue Waters via Visualhunt / CC BY-SA

バティックとはろうけつ染めという伝統的な技法で作られた布地。インドネシアでは腰に巻いたり肩に掛けたりするほか、頭巾として使われることも!
バティックで仕立てられたシャツはインドネシアの正装とされており、私達がドレスやスーツを着るような場面で着用されているんですよ。

最近では若手デザイナーがバティックを使った現代風のファッションを考案し、若者達の間で大人気になっています。伝統と現代の感性がまじりあうインドネシアのファッションから目が離せませんね!

サロン(店先に並べられている様子)

Photo credit: RFMphotography via Visualhunt / CC BY-ND

サロンとは、筒状の布を足に通し、余った布を腰にはさんでロングスカートのように身に付けるインドネシアの平常着です。
インドネシアの気候に適した涼しい民族服で、リゾートホテルで働いている方の制服として着用されているのを目にすることも多いですよ。 
こちらは店先に並ぶサロンです。

ケバヤ(マネキン)

Photo credit: Kebaya Modern Putrasemeru via Visual Hunt / CC BY-SA

ケバヤはブラウスとワンピースを組み合わせた女性用の衣服です。
カジュアルなタイプやレースの編まれたフォーマルなタイプなどその種類も増えおり、ファッションショーにも度々登場します。
航空会社の女性客室乗務員の制服としても採用され、美しく伝統的な衣装として世界から注目を浴びました。

インドネシアを旅すると、街行く人々のファッションに思わず目を奪われてしまいます!
お気に入りの一着を現地で選んでみるのもおすすめですよ♪