• 16/05/06
  • グルメ
  • 272views

トリドリ編集部

岩手県民に愛されているソウルフードとは!?おすすめご当地グルメをご紹介♪

じゃじゃめん

岩手の代名詞「わんこそば」と並ぶ、盛岡三大麺の内の一つがこちらの「盛岡じゃじゃ麺」です!
肉味噌・キュウリ・ネギを麺と絡めてアツアツで頂く、なんとも食欲をそそられる一品。
好みに合わせてラー油、おろしニンニク、おろし生姜などをかければまた違った味の変化を楽しむこともできます。
麺を食べ終えた後は器の中に生卵を割り入れ、肉味噌と茹で汁を加えて混ぜた「鶏蛋湯(チータンタン)」というスープで〆るのが盛岡流です♪
最後まで美味しく頂けるのも盛岡じゃじゃ麺の魅力の一つですね。

盛岡冷麺

こちらも盛岡三大冷麺の一つに数えられる名物料理「盛岡冷麺」。
その特徴はなんといってもコシの強い麺とコクのある牛骨ダシのスープ!
牛スジ肉やキュウリ、ゆで卵などの盛り付けが一般的ですが、キムチやリンゴ、梨などがアクセントとして加えられていることも。
甘辛い味わいの中にトッピングの食感が映え、その絶妙な美味しさを堪能することができます。

ジンギスカン

岩手県遠野市では約50年の歴史を誇る「遠野ジンギスカン」という名物グルメが大人気。
一般的なジンギスカンとの違いは、焼いた肉にタレをつけて頂くという遠野特有の食べ方にあります。
旨たっぷりのタレに絡めた柔らかな羊肉はまさに絶品!遠野では「焼肉=ジンギスカン」と言われるほど、市民の日常に欠かせない料理となっています。

通をもうならせる魅力的なグルメがたっぷりの岩手県。ぜひ岩手のグルメ旅を満喫してみて下さいね!