• 16/05/20
  • グルメ
  • 290views

南まい

プリプリの絶品ロブスターのフルコースが格安で食べられる!?夢のような国キューバ

ロブスターとシェフ

お祝い事や結婚式などで出される高級食材ロブスター。美味しいけどなかなか普段食べるには値が張るし、口にする機会は少ないですよね。美味しいロブスターが毎日食べられたら…という夢のような思いが叶ってしまう国がキューバです。
キューバで獲れるロブスターは年間4,000トン以上で、世界でも1、2を争う漁獲量です。キューバから日本に輸出されるロブスターはオーストラリアに次ぐ約1,265トンで、結婚式などで使用されるものの多くはキューバ産だと言われています。またキューバのロブスターはイセエビ科という種類で、味も日本で採れる伊勢エビとほぼ同じ。むしろ日本のものより少し大きめサイズなので、食べごたえがあります。そんな美味しいロブスターがキューバでは日常的に食べられ、しかも格安ということでロブスター目当てのツーリストから注目を浴びています。

シェフ

特にロブスターで有名なのが、キューバ中部に位置する世界遺産の港町トリニダーです。キューバ屈指の観光地でもありますが、ロブスターの産地としても知られ、多くのレストランでロブスター料理を提供しています。
ロブスター料理

お店によってもちろんメニューや値段は違いますが、一般的に前菜・サラダ・パン・ピラフと丸1匹のロブスターというフルコースで、なんと5〜10cuc(約500円〜1000円)という破格!ちなみにこのレストランでは約500円でした。肉厚はしっかりしていて、プリプリっとした身が絶品!日本の伊勢エビは殻ばかりで身が少ないことも多いですが、こちらは身の部分も多くお口の中をロブスターでいっぱいにするという幸せが味わえます。
ロブスターを食べにキューバへ行こう!そう思い立ったら、港町トリニダーへ。ロブスターはランゴスタと呼ばれているので、地元の人に「ランゴスタ?」と聞いてみましょう。穴場の美味しいレストランを紹介してくれるはずです。

南まい
南まい
510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました! 女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、 NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成! 現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。