• 16/05/23
  • グルメ
  • 255views

トリドリ編集部

秋田県のご当地グルメを楽しもう!旅する前に押さえておきたい秋田の名物料理3選♪

きりたんぽ鍋

秋田県民のソウルフードといえば、なんといっても「きりたんぽ鍋」!
名産品である「きりたんぽ」を焼いたものに根菜や山菜、地鶏を加えて煮る秋田ならではの名物料理です。
地鶏の出汁で地域の食材を煮込んだきりたんぽ鍋は、舌の上でそれぞれの風味が絶妙に重なり合う贅沢な一品。
ご当地グルメを楽しむ際には外せない料理となっています。

稲庭うどん

秋田の良質な水と小麦で作られる「稲庭うどん」は、讃岐うどん・きしめんと並ぶ日本三銘うどんの一つ。
うどん作りの工程を全て手作業で行っているため、麺にしっかりとしたコシがあり、なめらかな食感となっているのが特徴です。
秋田では麺の歯ごたえを楽しむため冷で食べるのが一般的ですが、喉ごしの良さを味わいたい場合は温で食べるのもおすすめですよ♪

#秋田角館 #むら咲 #比内地鶏親子丼 #美味い!

Hiroyuki Moriwakiさん(@moriwakihiroyuki)が投稿した動画 –

そしてこちらは三大地鶏の一つ、秋田の比内地鶏を使った「比内地鶏親子丼」!
比内地鶏のもも肉、むね肉、卵、出汁をあますことなく使った親子丼は、その旨みが一皿に凝縮されています。
比内地鶏は脂肪が少なく肉に弾力があるのが特徴。
濃厚な卵と絡めるとさらにその美味しさを堪能することができます。
もちろん「あきたこまち」との相性も抜群♡
コクのある味がお米の甘みと溶け合う、まろやかな味を楽しめますよ。

いかがだったでしょうか?秋田県の地元食を楽しむなら、ぜひ今回ご紹介したご当地グルメをチェックしてみてくださいね!