• 16/06/20
  • グルメ
  • 180views

トリドリ編集部

衝撃的事実!!スペインのバスク地方は、源義経が祖先なの?!そんなバスク地方は、スペイン1の美食エリアだった…!!

サン・ファン・デ・ガステルガチョ(ヨハネの階段教会)

Photo credit: carlosolmedillas via VisualHunt.com / CC BY-SA

「歴史は全然興味がなくって!」という方でも、必ず知ってるであろう源義経。昔のことは結局真相が解明できないからこそロマンティックでもあるのですが、源義経には数々の逸話が存在しており、有力とされてるものの一つに「義経はモンゴルに渡りチンギスハンとなり、ユーラシア大陸侵略を進め、最終的にスペイン北部へ落ち着いて、現在のバスク地方の開祖となった」というトンデモ逸話があるのです!ご存知でしたか?

バスク地方の人々は、特有のバスク語を公用語としており、このバスク語は世界トップの難易度を誇ることでも有名で、日本語に文法的な使い方などが似ている”膠着語(こうちゃくご)”にカテゴライズされる言語。なので、日本語を勉強している外国人からは、「あれ?日本語って、なんだかバスク語に似てない?だって…全く理解できないから!」なんて言われる訳です。バスク語も、日本語も外国の方にとっては、大変習得が難しい言語ですもんね。

丘の上の村

Photo via VisualHunt.com

そんなスペインのバスク地方は、サン=セバスチャン観光で大人気。美しい自然に囲まれた大変裕福な地域として知られ、スペイン国内では”美食世界一のパイス・バスコ(バスコ国という意味)”と言われています。

美食倶楽部

Photo credit: Donostia/San Sebastian 2016 via VisualHunt.com / CC BY

このサン=セバスチャン、ともかくフラっと入った一見普通のバルやレストランでも侮れないレベルのグルメ料理を提供してくれるのです!!そのレベルの高さは世界No.1。バスコには元来”美食倶楽部”といわれる女人禁制のクラブハウスがあり、男仲間たちと料理を作って楽しむという会が存在しています。バスコの人々は、みんな料理が大好きで、”料理人”は人々が憧れる職業の一つと言われています。そういったことから、バスコはどんな料理でもケタ違いの美味しさが味わえる訳なんですね!納得!

バスコ地方のグルメ

Photo credit: sanfamedia.com via Visualhunt.com / CC BY-ND

舌の肥えたグルメ女子なら絶対行くべきバスコ!美しい自然に囲まれて、味わうグルメ料理は、本当に絶品です。スペイン旅行を計画した際は、是非ともグルメなバスコ地方も検討してみて下さいね。