• 16/08/11
  • グルメ
  • 84views

トリドリ編集部

200年後のレストランでロボットの店長とシェフが取り仕切る「変なレストラン」がハウステンボスに登場!!いざ、ロボットの世界へ!!

「変なレストラン」

2015年7月にオープンしたフロント業務などをロボットが担当する「変なホテル」に続いて「変な」シリーズ第2弾。ロボットの店長とシェフが取り仕切る未来のレストラン「変なレストラン」がハウステンボス内の「ロボット王国」に登場しました。

レストランコンシェルジュももちろんロボット!IBMが開発した人工知能「ワトソン」の技術でおしゃべりができるコンシェルジュのベイカーズから、店長、レストランの案内係りやホール係、料理長からバーテンダーまでロボットたちがおもてなしをしてくれます♪

ロボットがお好み焼きを焼いてくれる時代がそう遠くない将来、当たり前になるのかななんてワクワクしてしまいますね。

料金 60分間 (税込・オープン記念価格):ビュッフェ形式
大人(中学生以上) 昼1,980円/夜2,980円
小人(小学生) 昼1,000円/夜1,800円、幼児(小学生未満) 昼・夜500円
営業時間:11:00~14:00、17:00~ハウステンボス営業終了

ロボット王国にある「ロボットの館」の入口には、映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー』に登場した全高約9mの実物大パトレイバーがお出迎え。子供向けの工作体験教室や実際に操縦可能な搭乗型ロボット、複数のロボットがダンスを披露するロボットステージショーなど盛りだくさん!

ガンダムファンにはたまらないガンダム関連の展示や「機動戦士ガンダム スペシャルシアター」を2017年2月末まで開催しています。ドローンやエアホイールなどの最先端ロボットの体験や展示もお見逃しなく!!大人も子供も楽しめるハウステンボスのロボット王国、今年の夏休みに近未来を体験してみてはいかがですか?