• 16/08/17
  • グルメ
  • 149views

トリドリ編集部

ハワイの元祖ローカルフード「ガーリックシュリンプ」!日本進出の人気店から地元で愛されるお店まで徹底比較!

シュリンプ

Photo credit: Jun Seita via VisualHunt.com / CC BY

ハワイのB級グルメといえば「ガーリックシュリンプ」!
ぷりぷりのエビをたっぷりのガーリックバターで炒めた「ガーリックシュリンプ」は、日本人でもやみつきになる美味しさなんですよ。
今回はハワイに数あるガーリックシュリンプ店の中でも人気の5店を徹底比較しちゃいます!

秘伝のファミリーレシピソースが自慢の「Blue Water Shrimp」

Tinaさん(@bambibellina)が投稿した写真

濃い目のクリーミーガーリックソースは一度食べるとクセになるおいしさ!パンやご飯にもよく合うので、日本人のファンも多いお店です。
ガーリックシュリンプといえば殻付きが主流ですが、こちらのお店は食べやすい剥き身を使用しているのも人気の秘密。
「アラモアナセンター」と「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ」に店舗を展開。
プレート料金は$9.95~

ノースショアを訪れたらぜひ行ってみて!正統派で勝負する隠れた名店「Hono’s(ホノズ)」

risaさん(@risaponchan)が投稿した写真

殻付きのぷりっとした大きなエビにたっぷりニンニクが絡みついた「Hono’s」のガーリックシュリンプ。
添えてあるさっぱりしたドレッシングのかかった千切りキャベツと混ぜながら食べるのが“通”。ペロリと食べきれてしまいますよ。
料金は$13~

「Hono’s(ホノズ)」
住所:66-472 Kamehameha Hwy, Haleiwa (シュリンプトラック営業)
営業時間:10:00~18:00/無休

あっさりした味を求めるなら「Macky’s」

@the_hungryintrovertが投稿した写真

ニンニク控えめのあっさりしたソースにも関わらず塩気はしっかり効いていて、エビの殻もパリッとしてとにかく美味しい!と行列が絶えないお店。
メニューはオリジナルやレモンペッパー、バターガーリック、スパイシーホットなど種類豊富。一番人気のバターガーリックは一度食べるとやみつきに!
バターガーリック$13~

「Macky’s」
住所:66-632 Kamehameha Hwy, Haleiwa(シュリンプトラック営業)
営業時間:9:30〜18:30/無休

真っ赤な建物が目印!行列必至の「ロミーズ」

Leiさん(@_lei_d_)が投稿した写真

大きな有頭エビがたっぷりのガーリックソースと絡められてボリュームたっぷり!
このお店は、シュリンプのほかに“プラウン”と呼ばれる旨味がギュっと詰まった手長海老も選べます。ノースショアの中でも”プラウン”が食べられるのはロミーズだけ!是非オーダーしてみて♪
プラウン$12.75~

「ロミーズ」
場所:56-781 Kamehameha Hyw., Kahuku, HI 96731
営業時間:10:00〜18:00
電話:(808)232-2202

祝★日本進出!やみつきソースが決め手の「ジョバンニ」

ガーリックシュリンプブームの火付け役となったこのお店は、10年以上のファンを持つセレブにも人気のお店!
日本では2015年、歌舞伎町にあるリゾートCaféダイニング「アリービーチ」にお店をOPEN!メニューは本場と同様、シュリンプスキャンピ、レモンバター、ホット&チリの3種類!
ハワイNo.1との呼び声高い味を歌舞伎町で味わえるなんてシアワセですね♡

ハワイ「ジョバンニ」 http://www.giovannisshrimptruck.com/
日本「アリービーチ」 http://alee-beach.jp/