温泉好きの方必見♪北海道の登別エリアのオススメ観光スポット!

北海道の南西部に位置する登別。支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)内にあり、湖や原始林など豊かな自然を有しています。また登別は、北海道はもちろん全国でも有数の温泉地に数えられ、周辺には景勝地やテーマパークがたくさんあるので、国内外から多くの観光客が訪れているんですよ。
登別を訪れたらぜひ行きたい、オススメのスポットをご紹介します。

この記事のもくじ

  1. 「北海道登別温泉 ホテルまほろば」で登別温泉を満喫!
  2. 登別随一の観光地「登別地獄谷」
  3. 「のぼりべつクマ牧場」でヒグマをみる!
  4. 「登別マリンパークニクス」では可愛い動物と触れ合える
  5. 登別の鬼を探そう!

温泉を満喫するなら「北海道登別温泉 ホテルまほろば」がオススメ

露天風呂・若い女性

登別と言えばやはり温泉は欠かせません。登別の語源はアイヌ語で「白く濁った川」や「色の濃い川」を意味する“ヌプルペッ”で、川の色が変わるほど豊富に湧き出る温泉に由来していると言われているそう。JR登別温泉から車で約15分のところに登別温泉街があり、地獄谷に代表される源泉地からは1日約1万トンもの湯が湧いています。
登別温泉の特徴は、硫黄泉、食塩泉、明ばん泉(含アルミニウム泉)、芒硝泉(硫酸塩泉)、緑ばん泉(含アルミニウム泉)、鉄泉(含鉄泉)、酸性泉、重層泉、ラジウム泉の9種類の源泉があり、色、効能ともにさまざま楽しめるのが魅力なんです。

たくさんの温泉施設がありますが、なかでもオススメは「北海道登別温泉 ホテルまほろば」。こちらでは4種の泉質と31の湯殿を楽しむことができます。周辺の美しい自然を見ながら湯に浸かれる露天風呂はもちろん、スライダー付きのファミリー風呂などがあり、まるで湯のテーマパークのような雰囲気。泉質は美人の湯として知られる硫黄泉、保湿効果が高いとされる食塩泉、貧血にも良いという単純硫黄泉、美肌の湯として人気の酸性鉄泉と、女性にうれしい効果が期待できるんですよ。

北海道登別温泉 ホテルまほろば
住所
北海道登別市登別温泉町65
電話番号
0143-84-2211

登別を代表する観光スポット「登別地獄谷」

地獄谷 登別温泉

登別温泉街から歩いて約15分のところにあるのが、最大の源泉地「登別地獄谷」。温泉街の北約2.8kmにある日和山(ひよりやま)の噴火活動によってできた火口跡で、直径約450mの範囲に湧出口や噴気孔が点在しています。煙が立ち昇り、ぶくぶくと泡を立てて煮えたぎっている様子はさすが”地獄”。迫力ある風景は「鬼の棲む地獄」として名前の由来となっています。 地獄谷は登別を代表する景勝地の一つでもあり、周囲に設けられた遊歩道で地獄巡りを楽しむのがオススメ。地獄谷は茶褐色や灰色のむき出しの岩肌が広がっていますが、周辺は豊かな緑に囲まれているので、晴れていれば気持ちの良い散策を楽しめます。遊歩道からは、煮えたぎる湯が湧く池や間欠泉などを間近に見ることができますよ。地獄谷を一望できる展望台や自然にできた天然足湯もあるので、ぜひ足を運んでみましょう。

登別地獄谷
住所
北海道登別市登別温泉町

大迫力のクマがお出迎え!「のぼりべつクマ牧場」

ヒグマのイメージ

温泉街からロープウェイで、約7分で行けるレジャースポットが「のぼりべつクマ牧場」。標高約550mの山頂にあるクマ専門の牧場で、約80頭のクマが飼育されています。こちらで飼育されているクマは東アジア最大の陸上動物のエゾヒグマという種類で、昔からアイヌの人々に「山に居る神」を意味する“キムン・カムイ”として畏れ敬われてきました。園内ではクマの生き生きとした姿を見られるだけでなく、アイヌ文化を体感できる「ユーカラの里」、ヒグマ専門の博物館、透明度を誇るクッタラ湖を一望できる展望台、オリジナルグッズを販売するショップなど様々な施設があり、一日楽しむことができますよ。 こちらで開催されているユニークなイベントが、メスエゾクマの人気投票「NKB(N:のぼりべつ K:クマ B:牧場)総選挙」です。一口にクマと言っても、性格や毛色などが違い、それぞれ個性豊か。投票は毎年4月末から5月末に開催されるので、タイミングがあった際はぜひ参加してみましょう。他にもエサやり体験やアヒルレースの参加などを開催していますよ。

のぼりべつクマ牧場
住所
北海道登別市登別温泉町224
電話番号
0143-84-2225
営業時間
4~6月・10~1月/8:30~16:30、7~9月/8:00~17:00、2~3月/8:30~16:00
※入園券販売は閉園40分前まで
休園日
2019年4月13日(土)~4月26日(金)・2019年11月6日(水)~11月12日(火)
入園料
大人(中学生以上)/2,592円、子ども(4歳~小学生)/1,296円、3歳以下/無料、※ロープウェイ乗車運賃込み

冬季も可愛い動物に会える!「登別マリンパークニクス」

登別マリンパークニクス
Photo credit: MiNe (sfmine79) on Foter.com / CC BY

登別で見られる動物はクマだけではありません!JR登別駅から歩いて約5分のところにある「登別マリンパークニクス」は、イルカやペンギンなど可愛い動物達を間近で見られる水族館。園の中心には、デンマークにあるイーエスコー城をモデルに造ったニクス城があり、城の中では約400種、20,000匹の生物が飼育されています。光と音の幻想的な演出が魅力のクラゲ水槽や、北海道の海に生息する生物がいたりと見どころ満載。空中散歩しているような体験をできるアクアトンネルも必見です。
他にも園内にはアシカショーやイルカショーを楽しめるプールがあり、エサをあげたり一緒に写真を撮ったりできるイベントを随時開催。全天候型のプールなので、季節や天候に左右されないのは嬉しいですね。また、アナコンダやリクガメなどが飼育されている陸族館があり、貴重な爬虫類と両生類を観察することができますよ。園内で毎日開催されている、可愛いペンギンたちのお散歩パレードも是非ご覧ください。

登別マリンパークニクス
住所
北海道登別市登別東町1-22
電話番号
0143-83-3800
営業時間
9:00~17:00(最終入園16:30)
休園日
2019年4月8日(月)~4月12日(金)
入園料
大人(中学生以上)/ 2,450円、子ども(4歳~小学生)/ 1,250円、3歳以下/無料

温泉を守る“鬼探し”にチャレンジ!

登別温泉のウエルカムサインと鬼

観光スポット巡りをしながらぜひ楽しんでいただきたいのが、登別市内に点在している“鬼探し”。登別には温泉を守る「湯鬼神(ゆきじん)」という鬼がいて、駅前や地獄谷へ向かう途中など様々な場所に鬼像が設置されています。巨大で恐ろしい顔をした鬼像もあれば、小さくて愛らしい鬼像もあるので全部見つけ出したくなっちゃうかも!?なかには恋愛成就や合格祈願ができる鬼像もあるので、運気をアップさせたい方にオススメです。湯上りには、鬼探しをチャレンジしてみましょう!
登別には鬼にまつわるイベントもあり、毎年8月の最終土・日曜日には「登別地獄まつり」を開催。地獄谷から閻魔大王が鬼たちを引き連れ温泉に訪れる、という伝説をモデルにした祭りで、鬼の顔をした神輿や鬼踊りで賑わいます。温泉を満喫しつつ、登別ならではのイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。

登別温泉を中心に見どころが集まっているので、巡りやすいのも魅力の一つ。温泉とあわせて楽しんでみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。