大自然を満喫したいなら野天風呂がオススメ!新潟県にある「燕温泉」に行ってみよう

燕温泉は妙高山の東麓にある温泉地。温泉街から少し離れた妙高山の登山沿いに「黄金の湯」と「河原の湯」という2つの野天風呂があります。野趣あふれる温泉を楽しみたい方にオススメ。冬は利用できませんが、春から秋にかけて、無料で誰でも利用できる秘湯です。

秋は一面、黄金色で覆われる「黄金の湯」

温泉街から歩いて約5分のところにあるのが「黄金の湯」です。秋になると周辺が黄金色の落ち葉に覆われることから、この名前が付けられました。大きな天然石が積まれた湯船と白い濁り湯が特徴の温泉。泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉で、神経痛や皮膚病、婦人病などに効能があると言われています。

野天風呂と言っても、こちらは風呂と脱衣所が男女別に設けられているので、安心して利用できるのが魅力。こちらは、温泉や滝、妙高高原を巡る「妙高高原自然歩道」のスタート地点でもあるので、トレッキングを楽しんだ後に利用することもできますよ。また、温泉から10分ほど歩いたところに駐車場があるので、車で行く場合はそちらを利用しましょう。

■燕温泉 黄金の湯
住所
新潟県妙高市大字関山燕温泉
電話番号
0255-86-3911
営業期間
5月中旬~翌年1月中旬 ※雪解け状況、降雪により変更あり。
営業時間
日の出から日没まで ※月曜日と金曜日の午前中は清掃のため入浴不可

渓谷沿いにある絶景の「河原の湯」

温泉街から歩いて15分ほどのところにあるのが「河原の湯」です。標高1,150mにある眺望のよい温泉で、美しい渓谷を眺めながら湯船に浸かれるのが魅力。特に秋は、紅葉で赤く染まった渓谷を見ることができますよ。
お湯は青乳白色で、泉質は硫黄泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉。皮膚病や切り傷、婦人病などに効能があると言われています。

View this post on Instagram

@takuyu22がシェアした投稿

こちらの温泉は脱衣所が男女別に設けられていますが、混浴なので注意が必要。車で行く場合は、「黄金の湯」と同じく温泉街手前の駐車場をご利用ください。駐車場から「河原の湯」までは歩いて約20分です。

■燕温泉 河原の湯
住所
新潟県妙高市大字関山
電話番号
0255-86-3911
営業期間
5月中旬~11月初旬 ※雪解け状況、降雪により変更あり。
営業時間
日の出から日没まで ※月曜日と金曜日の午前中は清掃のため入浴不可

燕温泉へのアクセスは?

温泉イメージ 女子旅

首都圏から燕温泉へのアクセスは、車で行く場合は関越自動車道と上信越自動車道を経由して約3時間10分、「妙高高原I.C.」を降りたら一般道を20分ほど走ると到着です。
公共交通機関を利用する場合は、「東京駅」から長野新幹線で約1時間40分の「長野駅」まで。北陸新幹線に乗り換え、約20分の「上越妙高駅」で降ります。そこで妙高はねうまラインに乗り換え、約25分の「関山駅」で下車。「関山駅」からはバスに乗り換え、約30分で燕温泉に着きますよ。
なお、2つの温泉は冬期の利用できないので、行く際は事前に公式サイトでご確認ください。

趣が異なる2つの野天風呂が楽しめる「燕温泉」。大自然を満喫しながらゆっくり湯に浸かれて、さらに無料なんてうれしいですよね。紅葉の見頃と合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

■この記事で取り上げた施設について

※情報は記事公開日時点のものになります。