北アルプスを望む長野県「国営アルプスあづみの公園」で冬の風物詩を楽しもう♪

3000m級の山々が連なる北アルプスの麓、長野県安曇野地域にある「国営アルプスあづみの公園」は、二つの地区にまたがった広大な敷地から成ります。
「大町・松川地区」は森林エリア。豊かな自然に恵まれた立地を生かした観光、文化、環境学習などの様々なレクリエーション活動が展開されています。
対して「堀金・穂高地区」は田園エリアで、失われつつある安曇野の田園風景を保全、復元し、いつでもその景観に触れることができるよう維持されており、この地域の自然、文化を体験することができます。

冬の公園を彩るイルミネーション!

国営アルプスあづみの公園 イルミネーション

「国営アルプスあづみの公園」では、自然をテーマにしたイベントが随時開催されています。木のコースター作りなどのクラフト体験やそば打ち体験、その他季節に合わせて催し物があり、一年を通して充実しています。中でもおすすめは、冬の風物詩にもなっているイルミネーション!今年は「アルプス一千の煌(きら)めき」をテーマに、大町・松川地区には「日本最多500個!光のハート」、堀金・穂高地区は「日本最長500m!光のトンネル」が登場し、2つの日本一が公園を美しく彩ります。今期の開催期間は2018年11月3日~2019年1月6日。堀金・穂高地区のみ、2019年1月12~14日も開催されます。

おすすめビュースポットはどこ?

国営アルプスあづみの公園 イルミネーション

イルミネーションは歩きながら見るのもいいですが、展望テラスから見る、堀金・穂高地区の日本最長500mの光のトンネルの景色は特におすすめです!アルプスの草原や山並みをイメージしたイルミネーションの周囲を光のトンネルが囲み、とても幻想的な空間があづみの公園の森に浮かび上がります。壮大なイルミネーション全体を見渡せるので、撮影スポットとしても最適。SNS映えする素敵な写真が撮れちゃいますよ♪安曇野の夜景とのコラボレーションも堪能できる絶好の場所なのでぜひ立ち寄ってみてください。

首都圏からのアクセスは?

国営アルプスあづみの公園 コスモス

車で行く場合は、長野自動車道安曇野ICから約20分なので、都心部からだと中央自動車道を利用して3時間30分ほどです。
電車で行く場合は、新宿駅からJR特急あずさで松本駅まで行き、そこでJR大糸線に乗り換えて豊科駅まで行きます。ここまでの所要時間は約3時間で、豊科駅からはタクシーで約15分、タクシー料金は2000円程度です。豊科駅の先、穂高駅まで行くと時期によってはあづみの周遊バスが運行しており、約13分で「国営アルプスあづみの公園」まで行くことができます。運行時期はGWや夏休みシーズンなどによりまちまちなので、確認してからおでかけください。

国営アルプスあづみの公園
所在地
長野県安曇野市堀金烏川
営業時間
3月1日~6月30日/9:30~17:00
7月1日~8月31日/9:30~18:00
9月1日~10月31日/9:30~17:00
11月1日~2月末日/9:30~16:00
※イルミネーション期間中は9:30~21:00
休園日
月曜日、12月31日、1月1日
※月曜日が祝日の場合は直後の平日が休園日になります。
※4月27日~5月6日、7月20日~8月31日、及び月曜日が休日の場合は開園します。
※また日曜日と休日にはさまれた月曜日も開園します。
入場料金
大人(15歳以上)/450円
シルバー(65歳以上)/210円
小人(小中学生)・幼児/無料
電話番号
0263-71-5511

豊かな自然に囲まれた見事なイルミネーション!松本からのアクセスも便利なので、合わせて観光するプランを立ててみるのもいいですね。

※情報は記事公開日時点のものになります。