東京から約70分!! 新潟県の越後湯沢でスキーや温泉、日本酒を満喫しよう!

「越後湯沢」は、東京から新幹線で気軽に行けるお出かけスポットです。
冬はスキー、春から秋にかけては湯沢高原の自然を満喫しながらトレッキングも楽しめます。川端康成の小説『雪国』の舞台になったことでも知られる越後湯沢をご紹介します。

越後湯沢温泉はどんなところ?

「越後湯沢温泉」は鎌倉時代に開湯した、約800年の歴史を持つ温泉です。江戸時代には三国街道の宿場町として栄え、現在では温泉とスキーが楽しめるリゾートとして人気です。越後湯沢駅周辺にはスキー場があるほか、ホテルや旅館がある温泉街になっています。
湯沢温泉は、筋肉痛や神経痛、疲労回復などに効果があるとされており、年間120万人の観光客が訪れています。

越後湯沢と言ったらやっぱりスキー

湯沢高原スキー場
湯沢高原スキー場

新幹線が停まる越後湯沢駅やガーラ湯沢駅など、駅のすぐ近くにスキー場があるので、東京から行きやすいスキー場として人気です。
ギアやウエアをレンタルできるところも多く、初心者コースやスキーヤー専用ゲレンデがあるスキー場もあります。

越後湯沢駅近辺のおすすめスポット

ぽんしゅ館

ぽんしゅ館
ぽんしゅ館

越後湯沢駅構内にある「ぽんしゅ館」は、名産品や日本酒といったお土産を購入できるほか、食事や温泉も楽しめます。
一番人気は利き酒ができる“唎酒番所”です。500円で、お猪口ひとつとメダルを5枚がもらえるので、設置されている“唎き酒マシーン”にメダルを投入して、お好みで日本酒を楽しめます。

ぽんしゅ館
住所
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3 (JR越後湯沢駅構内)
営業時間
店舗による
休業日
なし
電話番号
025-784-3758
HP
https://www.ponshukan.com/

越後湯澤 HATAGO井仙

越後湯澤 HATAGO井仙
越後湯澤 HATAGO井仙
写真提供:公益社団法人 新潟県観光協会

越後湯沢駅西口からすぐの所にある「越後湯澤 HATAGO井仙」は、“旅の中継点”をコンセプトにしている宿泊施設で、ホテルはもちろん、レストランやカフェなどの店舗があります。
HATAGO井仙の1階では温泉水を使用した水出しコーヒーがいただける「温泉珈琲 水屋」、越後湯沢駅構内で魚沼の素材を使ったスイーツを楽しめる「んまや駅中店」といった店舗が営業しています。

越後湯澤 HATAGO井仙

越後湯沢へのアクセス

雪の中の上越新幹線
雪の中の上越新幹線

東京から越後湯沢へ行くには、上越新幹線を利用するのが便利です。停車駅の越後湯沢駅、ガーラ湯沢駅には約70分で到着します。上越線を利用して近隣の駅へ行く場合は、越後湯沢駅で乗り換えてください。
車を利用する場合は、関越自動車道 湯沢I.C.で降りて、約5分で越後湯沢駅近辺に到着します。東京から行く場合は、約2時間30分です。

新幹線で行けて、駅の目の前にスキー場がある越後湯沢。スキーのほかにも温泉や日本酒、グルメも楽しめるので、休日のお出かけ先にもおすすめですよ。

この記事は2018年2月28日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。