• 2018年11月12日更新
  • sumire

平安貴族も愛した京都・嵐山へ、彩り豊かな紅葉を見に行こう♪

平安時代、貴族の別荘地として栄えた嵐山。その風景は今も変わらぬ美しさで、世界中の人々を魅了しています。なかでも紅葉の季節は、山や庭園が色鮮やかに染まりひときわ美しくなります。嵐電嵐山駅周辺は紅葉も楽しめ、カフェや雑貨屋なども多く立ち並ぶエリアなので散策にぴったりですよ。

まわりの風景も取り入れ、さらに美しさを増す天龍寺の「曹源池庭園」

京都 天龍寺の紅葉
撮影:sumire

嵐電嵐山駅から歩いてすぐの天龍寺は、世界遺産にも登録されている京都を代表する寺院です。今も約700年前の面影が残る「曹源池庭園(そうげんちていえん)」は、周辺の山の景観も取り込み雄大な風景を創り出しています。色づいた木々の姿が鏡のように池に映り込み、その中を鯉が優雅に泳ぐ姿などは、見ていてうっとりしてしまいます。計算され尽くした庭園は見る場所によって表情が変わり、時間を忘れて見入ってしまいますよ。紅葉シーズンは通常より1時間早い早朝参拝が行われますので、早起きをして人の少ない時間にゆっくり景色を満喫してはいかがでしょうか。

天龍寺/庭園(曹源池・百花苑)
住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
参拝時間
8:30~17:30(北門は9:00~17:00)
10月21日~3月20日/8:30~17:00(北門は9:00~16:30)
営業参拝料時間
高校生以上/500円、小・中学生/300円、未就学児/無料
定休日
電話番号
075-881-1235

春と秋のみ公開の「宝厳院」はぜひ行きたい!「獅子吼の庭」はまさに絶景!

宝厳院 紅葉

嵐山の中でも屈指の紅葉名所と言われる「宝厳院(ほうごんいん)」は、天龍寺の塔頭であり、春と秋にだけ特別公開されます。宝厳院の庭園「獅子吼(ししく)の庭」は地面を覆う苔はまるで緑のじゅうたん、そこに個性的な石や岩が庭に表情をつけ、楓の林が茂り鳥の声や風の音も一体となった、わびさびを感じることのできる美しい日本庭園です。晩秋になると緑色の苔の上に真っ赤な散りモミジが彩りを添え、言葉にできないほどの美しい光景を見せてくれます。

宝厳院ライトアップ
撮影:sumire

さらに、紅葉の時期にはライトアップも行われます。背の高い楓の葉が折り重なり赤やオレンジのグラデーションとなって、果てしない広がりを見せてくれます。紅葉の中にお堂や石塔などが浮かび上がり、幻想的な風景に。天龍寺から歩いて10分足らずで行くことができるので、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。

宝厳院「獅子吼の庭」
住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
電話番号
075-861-0091
2018年秋の特別拝観
期間
2018年10月6日(土)~12月9日(日
拝観時間
9:00~17:00
拝観料
大人/500円、小・中学生/300円
2018年秋の夜間特別拝観
期間
2018年11月9日(金)~12月2日(日)
拝観時間
17:30~20:30
拝観料
大人/600円、小・中学生/300円

パワースポットとしても大人気、縁結びの神様「野宮神社」

野宮神社の紅葉
撮影:sumire

竹林の小径の中に佇む野宮神社(ののみやじんじゃ)は、源氏物語にも登場する歴史のある神社。縁結び、子宝安産の神様としても有名で、常に参拝客でいっぱいです。鳥居は珍しい黒木鳥居(くろきとりい)で、樹皮を剥がさず原木そのままを鳥居にした日本最古の様式のものです。紅葉の中に建つ黒木鳥居は、凛として美しく情緒があります。竹林と紅葉のコラボレーションも美しくフォトジェニックです。また、境内には祈りながら撫でると一年以内に願い事が叶うという神石(お亀石)があり、パワースポットとして人気になっています。

野宮神社
住所
京都府京都市右京区嵯峨野宮町1
参拝時間
9:00~17:00
電話番号
075-871-1972

嵐山が幻想的な灯りに包まれる「嵐山花灯路」

竹林の小径ライトアップ
撮影:sumire

嵐山の初冬の風物詩となっている「京都・嵐山花灯路」、夜になると嵐山一帯に灯りがともり神秘的な姿に変わります。美しく彩られた山を背景にした渡月橋が黄金色にライトアップされ、大堰川にはその幽玄な世界が映り込みます。竹林の小径は、頭上高く真っ直ぐに伸びた竹の穂先まで明るく照らされ妖艶な輝きに。灯りと花の路では足元に点々と露地行灯が置かれ、大きく華やかな生け花が飾られたりと、京都らしい情緒ある風景が続く“歩きたくなる路”になります。嵐山を美しく彩る「嵐山花灯路」、おすすめです♪京都の夜はとても寒いので、防寒対策はしっかりしましょう。

京都・嵐山花灯路-2018
期間
2018年12月8日(土)~12月17日(月)
点灯時間
17:00~20:30
問合せ
京都・花灯路推進協議会事務局/075-212-8173(平日10:00~18:00)

台風の影響と、紅葉の見頃について

台風後の渡月橋
撮影:sumire

台風21号によって、嵐山も渡月橋の欄干が倒れたり竹林の竹が折れたりと大きな被害を受けました。しかし、紅葉シーズンを前にして復旧が進み、今では渡月橋の欄干の修復も終わり、今回紹介した嵐電嵐山駅周辺でも以前の姿が戻り安心して観光ができるようになりました。

紅葉の嵐山で舟遊び
撮影:sumire

嵐山の紅葉の見頃は、例年11月中旬から12月上旬頃です。シーズン後半には各所で散りモミジも盛んになり、あらゆる紅葉風景を楽しめます。この秋はぜひ風光明媚な嵐山に出かけましょう。

※情報は記事公開日時点のものになります。

sumire
兵庫県在住。絶景を求めて一年中走りまわっています。穴場スポットも開拓中!感動の風景を少しでも伝えられるといいな、と思っています。家では、ネコを膝にPCに向かう毎日です♪
Instagram:https://www.instagram.com/sumire_odekake/