兵庫県・淡路島もある公園「あわじ花さじき」で海と花畑が織りなす絶景に出会う

兵庫県・淡路島の北部にあるあわじ花さじきは、1998年4月4日に開園した花の公園です。“桟敷(さじき)”とは一番高い観客席のことで、名前の通り眼下に広がっている花畑は島の北部の頂上部、標高298~235mに位置しています。海を背景に大パノラマを楽しめるんですよ。東京ドーム約3個分の広い敷地には、花畑だけでなく花絵が描かれる花壇や展望デッキ、特産物の販売所などがあります。

秋や冬でもカラフルな花に出会える♪

兵庫県立あわじ花さじき 冬 2010年

あわじ花さじきの見どころは、なんと言っても花の絨毯が広がる花畑。年3回の植え替えが行われ、季節を問わず美しい花々を観賞することができます。例年11月中旬〜2月下旬頃までが深泥のストックは、鮮やかな色合いの花で青い海や空とのコントラストが素敵なんです。冬は空気が澄んでいるため、より一層鮮やかな景色を見ることができますよ。

秋は珍しい黄色のコスモスも!

淡路市 兵庫県立あわじ花さじき コスモス 秋桜 2006年

園内の花畑と花壇で見られる花の種類は約30種類。季節ごとに代表的な花の祭りが開催されます。春は約100万本の菜の花が咲く「菜の花まつり」、初夏は黄色とオレンジ色がポップで可愛い「ポピーまつり」が開催され、賑わいを見せています。

秋の「コスモスまつり」では約100万本のコスモスを見ることができます。見頃は10月上旬~11月上旬で、一般的なピンク色のものだけではなくイエローキャンパスという珍しい黄色のコスモスも咲いています。

毎年テーマの異なる色とりどりの花絵も必見

園内の2つの花壇「天空の花園」「喜びの庭」では、花を用いた芸医術的な花絵が描かれています。中でも天空の花園はその年々のテーマにあわせてデザインされているんですよ。花は近くで見てももちろん楽しめますが、離れて見る色とりどりの花絵は見ごたえ十分。隣接する展望デッキからは、天空の花園とその背景に広がる花畑の両方を一望できます。

あわじ花さじきへのアクセスは?

あわじ花さじき 菜の花 2014

車で行く場合は神戸淡路鳴門自動車道「淡路I.C.」を降りて、県道157号線を約10〜15分進みます。併設の無料駐車場を利用しましょう。公共交通機関を利用する場合は、東海道・山陰新幹線「西明石駅」でJR山陰本線に乗り換え「舞子駅」へ。下車後、バス停「高速舞子」から高速バスに乗り、「東浦バスターミナル」へ向かいます。その後タクシーに乗って約10分で到着です。所要時間は首都圏から約4時間、なお「西明石駅」からは約1時間10分です。

花の観賞は春や夏だけでなく、空気が澄んでいる秋から冬もオススメ。だんだんと冬に近づく寒空の下、愛らしくどこか暖かい景色に癒されてみてはいかがでしょう。海と空が広がる淡路島の眺望とカラフルな花畑が織りなす絶景を見に、あわじ花さじきへ行ってみましょう!

あわじ花さじき
住所
兵庫県淡路市楠本2865-4
電話番号
0799-74-6426
開園時間
9:00~17:00
休園日
年末年始
入園料
無料

※情報は記事公開日時点のものになります。