知的好奇心がくすぐられる! 京都「漢字ミュージアム」で漢字の世界を体感しよう

漢字ミュージアムは、日本漢字能力検定(漢検)を運営する日本漢字能力検定協会によって2016年に建設されて施設。正式には「漢検 漢字博物館・図書館」といい、日本の漢字文化の拠点になるようにという思いが込められています。漢字に詳しい方もそうでない方も、新たな発見や驚きに出会える体験型のミュージアムなので、子どもはもちろん大人も楽しめるんですよ。

見て、触れて、楽しめる魅力的な展示

館内1階は「見て聴いて触れる」、2階は「遊び楽しみ学べる」をテーマにそれぞれ展示しています。1階の見どころの1つ目は毎年12月12日清水寺で発表される「今年の漢字」の展示。平成最後の「今年の漢字」が展示されるのが楽しみですね♪2つ目の「漢字5万字タワー」は世界最大の漢和辞典『大漢和辞典』に収録されている全ての漢字が、高さ7.8mの大きな柱の全面に記されているもの。自分の名前や好きな漢字を探してみて♪他にも、中国から伝わった漢字が日本でどのように発展・変化を遂げたかを、わかりやすく解説した「漢字の歴史絵巻」もぜひご覧くださいね。

2階にはタッチパネルを使って遊ぶかるたや四文字熟語のクイズなど、楽しみながら漢字の仕組みや特徴を学べる展示がたくさんあります。漢字についてのトリビアや漢検のゲームチャレンジもあるので、体験してみて。また、定期的に変わる企画展示のコーナーや漢字の専門書が揃う図書館もあり、より詳しく漢字を学ぶことができますよ。

漢字の世界をもっと体感!ワークショップに参加しよう

館内では展示だけでなく、漢字に関するワークショップを随時開催しています。過去に催されたワークショップは、消しゴムはんこや漢字カルタ、アイロンビーズや拓本などさまざま。楽しみながら漢字と触れ合い、世界で一つだけのオリジナル作品を作ってみましょう。
開催日は土日が中心で、参加は当日1階にて9:30から受付開始、先着順となります。各回定員があり事前予約はできないので注意しましょう。入館料とは別に教材費が必要となります。

お土産ならココでしか買えない漢字グッズがオススメ

kanji dictionaries

くまなく巡った後は、併設のミュージアムショップでお土産をゲットしましょう♪“愛”や“夢”など漢字一文字がデザインされたカラフルな巾着は、色違いで友達に配っても喜ばれそう。和のテイストと漢字があしらわれたデザインは京都らしさ満点ですよ。こちらでしか買えないオリジナルグッズもたくさんあるので、旅の記念にもピッタリです。

他にも、ミュージアムショップに併設の「祇園祭ぎゃらりぃ」では祇園祭の映像が観られたり、実物大の鉾を展示しています。歩き疲れたら館内のカフェ「倭楽(わらく)」で、京都ならではの甘味をいただきながら一息つくこともできますよ。

漢字の勉強と聞くと構えがちですが、漢字ミュージアムでは楽しく学べるのが魅力。興味がを抱いた方は、別途聴講料が必要になりますが講座や講演会に参加してみるのもオススメです。
アクセスは最寄駅の京阪本線「祇園四条駅」から歩いて約5分。近くには有名な八坂神社もあるので、併せて訪れてみてはいかがでしょう。

漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)
住所
京都府京都市東山区祇園町南側551
電話番号
075-757-8686
開館時間
9:30〜17:00 ※入館は16:30まで
休館日
月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始 ※臨時休館有り
入館料
一般/800円、高校生・大学生/500円、小学生・中学生/300円、未就学児/無料

※情報は記事公開日時点のものになります。