東京の下町を満喫!「神田・御茶ノ水エリア」のオススメ散策スポットをご紹介

神田・御茶ノ水エリアは、東西に流れる神田川を挟んだJR神田駅の西側からJR御茶ノ水駅の北側までの一帯です。江戸時代、このあたりには大名屋敷や剣術道場があり、現在も下町情緒溢れる風景を見ることができるんですよ。

商店街を見守る小さなお稲荷さん「佐竹稲荷神社」

@hualau_34がシェアした投稿

JR神田駅の西口から、歩いて2分ほどにあるのが「佐竹稲荷神社」です。商店街のなかにある小さな神社でなので、見落とさないように注意してくださいね。こちらは江戸時代の大名、佐竹氏の屋敷内に厄除けとして建てられた神社で、元は違うところにありましたが大正12年の関東大震災後に現在の場所に移されました。今では「商いの神様」として、商店街のシンボルになっているんですよ。

■佐竹稲荷神社
住所
東京都千代田区内神田3-10-1

下町の雰囲気を今に伝える国登録有形文化財「松本家住宅主屋」

コジポコさん(@kojimachopoko)がシェアした投稿

佐竹稲荷神社から歩いて5分ほどのところにあるのが「松本家住宅主屋」です。こちらは昭和6年に建てられた木造3階建ての建物で、国の登録有形文化財に指定されています。大正12年の関東大震災の後に防火に配慮し設計された「震災復興町家」で、貴重な建物なんですよ。かつては青果物問屋の店舗兼住居として使われており、今も下町情緒溢れるたたずまいを見ることができます。

■松本家住宅主屋
住所
東京都千代田区神田多町2-9-3

レトロな雰囲気が女子心をくすぐる「近江屋洋菓子店 神田店」

kohstagramさん(@kohn35)がシェアした投稿

松本家住宅主屋から、JR御茶ノ水駅方面へ歩いて5分ほどのところに、明治17年創業の老舗洋菓子店「近江屋洋菓子店 神田店」があります。レトロな雰囲気が残る店内では、アップルパイや苺サンドショートなどの名物ケーキをいただくことができるので、散策の休憩にぜひ立ち寄ってみてください。ケーキだけでなく、搾りたてフルーツのジュースが並ぶドリンクバーもオススメですよ。

■近江屋洋菓子店 神田駅
住所
東京都千代田区神田淡路町2-4
電話番号
03-3251-1088
定休日
無 ※年末年始の休業期間、営業時間は要問い合わせ
営業時間
月~土曜日/9:00~19:00、日曜・祝日/10:00~17:30 ※喫茶は17:00まで

“明神様”と古くから親しまれる江戸鎮守「神田明神」

神田明神
https://visualhunt.com/f2/photo/4465017988/5ec8b9ef8e/

神田・御茶ノ水エリアの代表的なスポットと言えば、「神田明神」。JR御茶ノ水駅から神田川を渡り、歩いて10分ほどのところにあります。正式には「神田神社」といい、神田や日本橋をはじめとする108町の総氏神様として古くから人々に親しまれてきました。大黒様や恵比寿様が祀られており、開運・仕事運のご利益を期待できるそう。運気をアップさせ方は、ぜひお参りしてくださいね。

■神田明神
住所
東京都千代田区外神田2-16-2
電話番号
03-3254-0753

ショッピングやグルメも楽しめる「マーチエキュート神田万世橋」

万世橋
Photo credit: keyaki on Visual hunt / CC BY-SA

神田川沿いを神田明神から秋葉原方面へ10分ほど歩いたところにあるのが「マーチエキュート神田万世橋」です。明治45年に建てられた赤レンガ造りの万世橋駅を改築した商業施設で、ショッピングやグルメなど昼夜楽しめる場所です。川沿いにはオープンデッキが設けられていて、ブラブラするだけでも楽しめちゃいますよ。期間限定のショップは、随時入れ替わるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

東京のど真ん中でありながら、江戸情緒や下町を味わえる神田・御茶ノ水エリア。見どころがたくさんあるうえ、歩いて回れちゃうので散策にはピッタリですよね。ぜひ、出かけてみてください。

■マーチエキュート神田万世橋
住所
東京都千代田区神田須田町1-25-4
電話番号
03-3257-8910 ※受付時間:9:30〜18:00
定休日
営業時間
ショップ/11:00~20:00、
レストラン・カフェ/(月~土曜日)11:00~23:00、(日曜祝日)11:00~21:00 ※店舗により異なる

※情報は記事公開日時点のものになります。