自然いっぱいの東京を楽しめる!日帰りで東京の秘境・奥多摩に行ってみよう♪

日本の首都、東京。大都市で都会的なイメージが強いですが、奥多摩エリアは豊かな自然が広がるスポット。今回は意外と知られていない奥多摩の楽しみ方をご紹介しちゃいます!

四季折々の自然が楽しめる「奥多摩湖」

奥多摩湖

まずは東京都民の貴重な貯水庫である「奥多摩湖」。桜や紅葉の名所としても人気があります。その昔、ドラム缶を活用して造られたという歴史から“ドラム缶橋”とも呼ばれる歩行者専用の浮橋を歩きながら、その大自然を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

■奥多摩湖

都指定の天然記念物!「日原鍾乳洞」

日原鍾乳洞

それから関東最大規模の鍾乳洞「日原鍾乳洞」。東京都指定の天然記念物ですが、中の通路や電灯などはきちんと整備されているので、気軽に楽しむことができますよ♪

■日原鍾乳洞
住所
東京都西多摩郡奥多摩町日原1052
TEL
0428-83-8491
営業時間
8:00〜17:00(4/1〜11/30)
8:30〜16:30(12/1〜3/31)
休業日
12/30〜1/3
入場料金
大人(高校生以上)/700円
中学生/500円
小学生/400円
駐車場
有 (土日祝、GW、8月中、夏期混雑時等交通整理員配置時)3時間まで 500円

ハイキングスポット「川苔山」

Kent Ueharaさん(@ue_kenken)がシェアした投稿

さらにアクティブに楽しみたい人には、日帰りでハイキングができる「川苔山」をオススメします!山頂から奥多摩の景色を独り占め!!奥多摩駅で下車してからバスで15分、川苔橋~百尋の滝~川苔山頂まで約3時間半のコースが人気がです。岩場もあるので動きやすい靴は必須!十分注意して歩いてくださいね。

■川苔山

キャンプでアウトドアを満喫しよう「氷川キャンプ場」

#氷川キャンプ場 #奥多摩

ケンさんさん(@emiken_ken)がシェアした投稿 –

奥多摩駅から徒歩5分のところには「氷川キャンプ場」があり、テントやバンガローに宿泊することも可能。バーベキューもできちゃいます!キャンプ初心者の方も、慣れている人も、思う存分アウトドアを楽しめるでしょう♪

■氷川キャンプ場
住所
東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
TEL
0428-83-2134
料金
テントサイト利用1人1泊/800円、温水シャワー3分/200円、バンガロー1棟/5,500円〜31,500円、ロッジ1棟/42,000円〜73,000円

蕎麦や釜飯など有名グルメで舌鼓♪

@mimi638がシェアした投稿

観る・遊ぶだけじゃなく、食べ物も美味しいのが奥多摩の魅力!澄んだ空気と水からできた手打ちのお蕎麦、そしてそれに合う新鮮なわさびが栽培されていて、美味しいと評判です。お土産にもわさびを使った商品を買うのもいいでしょう。それから釜飯も名物で、看板メニューに掲げているお店も多くあります。観光で歩き回った後は、モリモリ食べてお腹を満たしてくださいね。

電車で行く場合のアクセス

baoh44cさん(@baoh44c)がシェアした投稿

都心から約2時間半でたどり着く東京の秘境。東京方面からJR中央線で立川駅まで行き、JR青梅線に乗り換えて終点の奥多摩駅に着きますよ。

急に休みになったり、ちょっと日帰り旅行をしてみようかな、という時にぴったりなのが奥多摩なんです。電車に揺られてオフィスビル群から住宅街、そして緑多い自然のエリアへと徐々に移り行く景色を眺めながら足を運んでみてはいかがでしょうか♪

この記事は2017年7月3日に公開されたものを編集したものです。
■この記事で取り上げた施設について

※情報は記事公開日時点のものになります。