東京都あきる野市の穴場スポット「少女まんが館」で漫画漬けの1日を♪

「少女まんが館」は、少女漫画のコミックスや雑誌、関連書籍、グッズなどを収蔵する少女まんが専門の私設図書館です。蔵書は一般的な図書館にも匹敵する60,000冊以上!さらに入館料は無料という、少女漫画好きにはとっても嬉しい施設なんですよ。

好きなだけ少女漫画を読みあさろう!

mayuさん(@mayukkg)がシェアした投稿

所蔵する書籍は全国の一般の方による寄贈本で、古いものから新しいものまで幅広い漫画が揃っています。なかには1950年代の雑誌もあり、レトロで可愛い表紙を見ているだけでも楽しめちゃうんです。

開館中であればいくらでも居られるので没頭できます。蔵書が多くあるので、子供の頃に読んでいた懐かしの漫画に出会えるかもしれませんね♪久しぶりに読みたくなった作品を読んだり、昔の名作を探してみたりと、思い思いの時間を過ごしてみては?。

アットホームな空間でリラックス

いくたさん(@uiiiii_123)がシェアした投稿

一軒家を改修したアットホームな雰囲気も魅力の一つ。外観はノスタルジックでオシャレな水色の板張りで、館内も水色で統一されています。窓際の机で読んだり、2階の座布団とちゃぶ台のスペースで寝転んで読んだりと、まるで家にいるようにくつろぐことができますよ。

和楽さん(@waracmurac)がシェアした投稿

ただし、こちらの施設の開館日は4月から10月の土曜日のみ。開館時間は13時から18時と短いので、事前に公式サイトで最新の情報を確認してから訪れてくださいね。

読書後はナイトウォークで宵涼み♪

秋川渓谷 紅葉

漫画を読んだ後は、館主主催の「ナイトウォーク」に参加してみてはいかがでしょう。参加料金一人1,500円~2,000円の要予約制で、館主が閉館後に周辺を案内してくれる夜のお散歩イベントです。多摩エリアは自然が多いので散策にピッタリ。近くには秋川渓谷もあるので、都心では感じることができない涼しさを体感できますよ。

他にも、少女漫画について語らう茶話会も随時開催されているようなので、興味のある方は公式サイトをご確認くださいね♪

アクセス方法は?

少女まんが館へは、JR武蔵増戸(むさしますこ)駅から徒歩約15分です。また、JR武蔵五日市駅からバスで行くことも可能で、バス停「網代入口」で降りたら徒歩約10分です。車の場合は、圏央道「あきる野I.C.」を降りたら約20分で到着です。2~3台止められる駐車場があるので、そちらを利用しましょう。

漫画の他にも貴重な付録の展示もあって、まるで博物館のような少女まんが館。少女漫画がお好きな方はもちろん、普段あまり読まない方もたまには没頭する一日を過ごしてみてはいかがでしょう。

■少女まんが館
住所
東京都あきる野市網代
開館日
4月~10月の土曜日 ※11月~3月は休館
開館時間
13:00~18:00

※情報は記事公開日時点のものになります。