オランダ型風車がシンボル♪茨城県の霞ヶ浦総合公園へイルミネーションを見に行こう

茨城県にある霞ヶ浦総合公園は、日本で2番目に大きい湖・霞ヶ浦の湖畔にある公園です。広い園内にはプールや広場など色々な施設があり、人々の憩いの場となっています。野鳥や魚を展示しているネイチャーセンターや水生植物園では霞ヶ浦の豊かな自然を観察でき、日帰り入浴施設やレストハウスもあるので一日を通して遊べます。

季節の花々と冬のイルミネーションが楽しめる

春はサクラやフジ、夏はアジサイやハナショウブ、秋は紅葉と季節毎に美しい花に出会えます。特に春は風車前の花壇に約3万本の様々な種類のチューリップが咲き、目にも鮮やかです。上記で触れた水生植物園では夏に約30種類のスイレンをが見頃を迎えます。

また、冬のオススメは毎年11月中旬から開催されるイルミネーションです。使われる電飾の数はなんと約24万球!「霞ヶ浦」や「土浦の花火」、「ハス田」など土浦を代表する地域資源をモチーフにしているのが特徴で、他では見られないレアなイルミネーションです。2018年は「水と虹のアーチ」が新たに設置されました。より華やかで幻想的な雰囲気を楽しめそうですね♪

公園のシンボル「オランダ型風車」

風車

こちらの最大の見どころはなんと言ってもオランダ型風車。土浦市市制施行50周年を記念し建てられたもので、公園のシンボルになっています。大きさは高さ25m、羽根の長さ直径20mと日本最大級。展望台があって、霞ヶ浦を一望できます。

日中はオランダのような景色が楽しめる風車ですが、夜は広場も含めて色とりどりのイルミネーションが施され、幻想的な景色を見ることができますよ。フォトスポットとしてもオススメです。

霞ヶ浦総合公園へのアクセス

車の場合は常磐自動車道桜土浦I.C.を降りたら一般道へ進み約15分。合計所要時間は約1時間15分です。園内には無料の駐車場があるので、そちらを利用しましょう。
公共交通機関を利用する場合は、JR土浦駅から「まちづくり活性化バス キララちゃん」に乗車し、約15分のオランダ風車で降りたらすぐ。なお、上野駅から特急に乗れば、約45分ほどで土浦駅に着きますよ。

いつ訪れても豊かな自然と美しい風景を楽しめる霞ヶ浦総合公園。冬はイルミネーションの幻想的な雰囲気を楽しめるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

霞ヶ浦総合公園
住所
茨城県土浦市大岩田145
電話番号
029-826-4829
第7回 光がつくる“Art” 水郷桜イルミネーション
点灯期間
2018年11月17日(土)~2019年2月17日(日)
点灯時間
17:00~21:00
場所
土浦市霞ヶ浦総合公園オランダ型風車前広場
電話番号
029-823-4811(一般財団法人 土浦市産業文化事業団)
この記事で取り上げた施設について

※情報は記事公開日時点のものになります。