本場ドイツの雰囲気満載!横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットに行ってみよう

横浜を代表する観光エリア、みなとみらいにある「横浜赤レンガ倉庫」。明治時代に倉庫として建てられましたが、現在はオシャレなショップやカフェ、レストランが入る商業施設となっています。年間を通じ様々なイベントを開催していますが、なかでも人気なのが「クリスマスマーケット」。本場ドイツさながらの雰囲気の中、クリスマス気分を楽しむことができるイベントで、クリスマスグッズをゲットしたい方はもちろん、ドイツのグルメを味わいたい方にもオススメなんです。

2018年のクリスマスマーケットの見どころは?

クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫2016

2018年で9回目の開催となる「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」。今年はドイツの古都アーヘンのクリスマスマーケットがモデルになっています。アーヘンのクリスマスマーケットの入口に置かれるシンボルの「プリンテン」というお菓子の人形と同じものが赤レンガ倉庫の入口にも同様の人形が設置されているので、ぜひ注目してみて。可愛らしい人形とイルミネーションは写真ポイントとしてもオススメです。

クリスマスマーケット

会場には高さ約10mの本物のもみの木を使用したツリーが設置され、クリスマス気分を盛り上げてくれます。夜になると全体がライトアップされ、ロマンチックな雰囲気を演出してくれますよ。さらに、会場になるとクリスマスソングのコンサートやワークショップなども開催しています。

フードやクリスマスグッズが充実!

グリューワイン

会場内に並ぶドイツから輸入したヒュッテと呼ばれる山小屋では、ドイツ輸入のクリスマスグッズをはじめ、郷土料理や伝統菓子、ここでしか買えないオリジナルグッズなどを販売しています。
そしてクリスマスマーケットに欠かせない飲み物と言えばグリューワイン。スパイスの効いたホットワインを飲めば、身体の芯から温まりますよ。
ドイツビールもお忘れなく!こちらでは1050年創業の世界最古の修道院醸造所「ヴェルテンブルグ」の冬季限定ビールもいただくことができます。郷土料理のカルトッフェルズッペや煮込み料理の定番グラーシュとの相性も抜群ですよ。

Christmas Stollen クリスマス シュトレン シュトーレン

お土産には、ドライフルーツやナッツがたっぷり入ったクリスマスの定番スイーツ、シュトレンや切り株の形が可愛いブッシュドノエルがオススメ。また、スパイスの香りが付いたクリスマスリースといったクリスマスグッズをゲットしてみてはいかがでしょうか。

横浜赤レンガ倉庫へのアクセス

横浜赤レンガ倉庫 赤レンガパーク 2015/2

公共交通機関で行く場合は、みなとみらい線の「馬車道駅」または「日本大通り駅」が最寄りで、徒歩約6分の道のりです。JR・市営地下鉄の「桜木町駅」および「関内駅」からもアクセス可能で、こちらからは歩いて約15分となります。
車で行く場合は首都高速「みなとみらい」または「横浜公園」を降りたら約10分で到着。併設の有料駐車場があるので、そちらを利用しましょう。

本場ドイツのようなクリスマスマーケットを体験できる期間限定のイベント。昼間はもちろん、夜はイルミネーションと、充実の一日が過ごせそうですよね。都内から1時間程度で行けるので、気軽に足を運んでみましょう♪

横浜赤レンガ倉庫
住所
神奈川県横浜市中区新港1-1
電話番号
1号館/045-211-1515
2号館/045-227-2002
営業時間
1号館/10:00~19:00(2・3階はイベントにより異なる)
2号館/11:00~20:00(カフェ、レストランは店舗毎に異なる)
クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫
開催期間
2018年11月23日(金)~2018年12月25日(火)
開催時間
2018年11月24日(土)~12月14日(金)/ 11:00~21:00
2018年12月15日(土)~12月25日(火)/ 11:00~22:00
ライトアップ
2018年11月24日(土)~12月14日(金)/ 16:00~21:00(ツリーのみ23:00まで)
2018年12月15日(土)~12月25日(火)/ 16:00~22:00(ツリーのみ23:00まで)
※荒天の場合休業。L.O.は営業終了時間30分前まで。
入場料
無料
電話番号
045-227-2002

※情報は記事公開日時点のものになります。