茨城県の名瀑「袋田の滝」が関東日帰りドライブにおすすめ!新緑も紅葉も氷瀑も楽しめる!

茨城県久慈市にある「袋田の滝」は四季折々の顔を楽しめるとして人気。新緑が美しい春や夏、紅葉が鮮やかな秋、そして冬には氷瀑と、いつ行っても楽しめます。都心から車で約3時間なので、日帰り圏内なのも嬉しいポイントです。

この記事のもくじ

  1. 観瀑台から眺める!
  2. 紅葉が楽しめる
  3. 紅葉から氷瀑までライトアップを楽しもう
  4. 氷瀑で自然の神秘を感じる
  5. 袋田の滝へのアクセス
  6. 「関所の湯」で日帰り温泉を満喫

観瀑台から袋田の滝を見よう!

袋田の滝 観瀑台
撮影:BUD International
観瀑台

袋田の滝には観瀑台と3ヵ所の観瀑台デッキが設けられ、それぞれ趣向の異なるダイナミックな姿を見ることができます。
入り口となるトンネルを抜けるとまず飛び込むのが、滝を間近で見られる観瀑台。トンネルが額縁のようでフォトジェニックですよ。

袋田の滝 第一観瀑台
撮影:BUD International
第二観瀑台デッキ

その奥にエレベーターがあり、観瀑台デッキに進めます。木々と滝とのバランスが一番いいと言われているのが第二観瀑台デッキで、一番高い第三観瀑台デッキはさらに51m上にあリます。それだけに眺めは爽快ですよ。

茨城県有数の紅葉スポット

袋田の滝 紅葉
袋田の滝の紅葉

秋になると、袋田の滝一体が赤く色づきます。別名“「四度(よど)の滝”とも呼ばれる四段に分かれた滝と鮮やかな木々の美しさは古くから愛され、鎌倉時代の僧侶・西行法師の詠んだ歌にも残されています。
また、例年紅葉の時期は袋田の滝周辺が大変混み合うので、休日などに行くのなら車の利用は避けた方が無難かもしれません。

秋〜冬のライトアップでロマンチックな夜を

袋田の滝 ライトアップ
袋田の滝のライトアップ

さまざまな表情を見せてくれる袋田の滝ですが、中でも人気の季節が冬。高さ120m、幅73mという壮大なスケールの「袋田の滝ライトアップ」は毎年11月から翌年1月までの期間開催され、大子町の風物詩ともなっています。年を越すまでは紅葉と滝の競演を楽しめ、寒さが厳しくなってくると滝全体が氷に包まれ「氷瀑」に。
華やかにライトアップされたロマンチックな雰囲気に、多くの人が酔いしれます。秋から冬へと移ろう袋田の滝は、一見の価値あり!

自然の神秘「氷瀑」で心が洗われる!

袋田の氷瀑
袋田の滝の氷瀑

袋田の滝の冬の顔「氷瀑」。自然の厳しさと神秘を間近で感じられるその姿は、一度は見ておきたい絶景です。身にしみる寒さの中を滝まで進み、「氷瀑」を目の当たりにすると、寒さも忘れてその荘厳な姿に圧倒されてしまいます。滝全体が完全凍結すると、ビッケルを手に氷の壁を上っていくアイスクライマーの姿も見られます。

袋田の滝へのアクセス

袋田の滝へは都心から車で約3時間。常盤自動車道那珂インターを降りて約50分です。
電車の最寄駅はJR袋田駅ですが、袋田駅から袋田の滝までの路線バスの本数が少ないため、車かタクシーで行くのがおすすめ。ですが紅葉の時期は大変混み合うため、袋田駅から歩いて行くのが良いでしょう。徒歩約40分と結構歩きますが、車道が全く動かないことも予想されます。

袋田の滝
住所
茨城県久慈郡大子町袋田3-19
営業時間
3~10月/8:00~18:00、11~4月/9:00~17:00
※ライトアップの時期は20:00まで営業
料金
大人(高校生以上)/300円、子供(小・中学生)/100円
電話番号
0295-72-0285

袋田の滝観光で冷えた体を温泉で温めよう!「関所の湯」で心身ともにポカポカ

袋田の滝から車で15分ほどのところには、日帰り温泉「関所の湯」があります。遮るものが何もない露天風呂からの眺めは絶景です。露天風呂からだけでなく、内風呂からも四季折々の大自然を満喫することができます。日帰り客のためにバスタオルのレンタルなどもありますよ。館内のレストランでは、地元の食材を用いた郷土料理を楽しむことができ、小川のせせらぎや袋田の景色を眺めながら食事をすることもできます。
冬の袋田の滝で氷瀑を楽しんだ後は、温泉で冷えた体を温めてはいかがですか?

袋田温泉 関所の湯
住所
茨城県久慈郡大子町大字袋田字滝ノ上2642-7
営業時間
平日/9:30~20:00、土・日曜日・祝日/9:30~21:00
電話番号
0295-79-1126

季節ごとに異なる魅力が楽しめる袋田の滝。観瀑台からの絶景を楽しんで、温泉も満喫できるという素敵な週末を過ごしてみてはいかがですか?

この記事で取り上げた施設について
この記事は2017年12月25日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。