滝の裏側にまわれる!熊本県の「鍋ヶ滝」ってどんなところ?

熊本県の北部に位置する小国町は、面積の約74%を山林が占める緑豊かな町です。中心部から車で約10分にある鍋ヶ滝公園は、年間を通じて観光客が訪れる観光スポットの一つ。こちらにある鍋ヶ滝は落差約10m、幅約20mあり、約9万年前の巨大噴火によってできたと言われています。一番の特徴は滝の裏側からも見学できること。色んな角度から見てみると、違った表情を楽しめますよ♪

別名「裏見の滝」と呼ばれる鍋ヶ滝

熊本県小国町 鍋ヶ滝

併設の駐車場から続く遊歩道を歩くこと数分。坂を下りきると、目の前はまるで水のカーテンのように優美な滝が現れます。周囲の鮮やかな緑とのコントラストが美しく、非常に絵になる光景が広がっています。
正面から観賞した後は、滝の裏側にまわってみましょう。別名「裏見の滝」と呼ばれるだけあって、滝の流れのすき間から光が降り注ぐ様子はとっても神秘的です。辺りは水の音だけに包まれ、自然に癒されている気分になりますよ。

熊本県小国町 鍋ヶ滝

訪れる時間帯としては朝がオススメ。木漏れ日が滝を美しく照らす様子を見ることができますよ。
9時の開園直後は比較的観光客が少ないのでゆっくり観賞できます。

春はライトアップ、冬はつららなど四季折々の風景に出会える

熊本県小国町 鍋ヶ滝 ライトアップ

春は期間限定でライトアップされ、日中とは異なる幻想的な姿を見ることができます。夏は周辺の新緑や苔と滝のコントラストが鮮やかで、とってもフォトジェニック。天然のミストと暑さを忘れさせてくれるような涼しげな光景が気分をリフレッシュさせてくれますよ。

熊本県小国町 鍋ヶ滝 裏見の滝 秋の紅葉

秋は周囲の木々が赤や黄色に色づき、水面に映る紅葉がまるで絵画のよう。
冬は滝の一部が凍り巨大なつららができます。ダイナミックな自然が生み出すアートを堪能できますよ。
ちなみに訪れる際は、歩きやすい靴と動きやすい服装が望ましいです。遊歩道は整備されていますが雨の後や冬の時期は地面の状態が悪く転倒の恐れがあるので十分に注意してくださいね。

鍋ヶ滝公園へのアクセス

熊本県小国町 鍋ヶ滝 冬の雪と氷柱

車の場合は大分自動車道「九重I.C.」を降りたら一般道で約40分です。阿蘇くまもと空港からだと約1時間20分、大分空港からも約1時間30分となっています。
公共交通機関を利用する場合は、JR豊肥本線「阿蘇駅」から九州産交バスの杖立温泉行きに乗車し、約1時間の「道の駅 小国 ゆうステーション」で下車、そこからタクシーで約15分です。阿蘇エリアは見どころが多いので、観光タクシーを契約して何ヵ所かまわってもらうのもおすすめです。

滝の裏側も見学できる、珍しい「鍋ヶ滝」。神秘的なその光景は、どの季節に行っても楽しめること間違いなしですよ。

鍋ヶ滝公園
住所
熊本県阿蘇郡小国町黒渕
電話番号
0967-46-2113(小国町役場 情報課 商工観光係)
入園料
大人(高校生以上)/300円、子ども(小・中学生)/150円
開園時間
9:00~17:00 (入園は16:30まで)
休園日
12月28日〜1月3日

※情報は記事公開日時点のものになります。