一生に一度でいいからみてみたい!ブラジルの白砂漠「レンソイス・マラニャンセス国立公園」

「レンソイス・マラニャンセス国立公園」は、一生に一度は行きたい桁違いの絶景が広がる大砂丘です。レンソイスの魅力やベストシーズン、セットで観光したい近辺の街なども合わせてご紹介します♪

白砂漠とエメラルドグリーンの湖が輝く観光スポット!

レンソイス・マラニャンセスの白い砂丘空撮

ブラジルのマラニャン州にある「レイソイス・マラニャンセス国立公園」では、奇跡の絶景が楽しめます!東京23区の2倍もの広さがある大砂丘で、真っ白な砂漠が果てしなく広がる、まるで絵画のような美しさ。雨季には雨水がくぼみにたまり、数百個のエメラルドグリーンに輝く湖が浮かんできます。

砂漠なのに!?雨水の湖では泳ぐこともできる

夕日に染まるレンソイス

雨水とはいえ水がとてもきれいなので人が泳ぐこともできるんです!しかも魚もいるそうですが、彼らがどこからやってくるのか未だ謎に包まれたまま…。夕暮れになると、砂丘が夕日に照らされ黄金色に。昼間とはまた違った感動の絶景が広がります。ベストシーズンは、湖が楽しめる6〜9月頃です。

セット観光がおすすめ!世界遺産の街も楽しもう

サン・ルイス

レンソイスに行くなら、ぜひ近辺の街もセットで観光しましょう!途中に立ち寄るサン・ルイスはポルトガルタイルの建物が建ち並び「タイルの街」ともいわれ、世界遺産にも登録されました。観光拠点のバヘリーニャスは、小さな町ですがホテルや飲食店も充実しています。

■サン・ルイス

■バヘイリーニャス

レンソイス・マラニャンセス国立公園へのアクセス

サンパウロ

レンソイス・マラニャンセス国立公園へのアクセスは、まずは日本から飛行機でブラジルのサンパウロへ。さらにサン・ルイスまで空路で向かいます。サン・ルイスからはバスでバヘイリーニャスへ。そこからは現地のツアーを利用するのがおすすめです。

■レンソイス・マラニャンセス国立公園
この記事は2016年11月6日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。