ワールド・ベスト・エアラインを受賞した「カタール航空」ってどんな航空会社なの?

カタール航空はカタールの国営航空会社で、世界160都市以上に就航している世界屈指のエアラインです。今年5月からは、トルコのイズミール、モロッコのラバト、マルタ島、ポルトガルのリスボンにも就航し、日本からもドーハ乗り換えでたくさんの国や都市に行く事ができます。

さらに6月18日に発表された、英国の航空サービス格付け会社「SKYTRAX(スカイトラックス)」発表の「ワールド・エアライン・アワード(World Airline Awards)」で世界で最も優れた航空会社に贈られる最高賞の「ワールド・ベスト・エアライン(World’s Best Airline)※」を受賞した航空会社なのです。

※ 英国 SKYTRAX(スカイトラックス)認定

カタール航空
カタール航空
photo by ERIC SALARD

目次

  1. 羽田と成田それぞれ就航しているので便利
  2. エコノミークラスでも充実のサービスを!!
  3. 「世界一」を獲得したビジネスクラス
  4. カタール航空を利用すれば、世界がもっと近くなる

羽田と成田それぞれ就航しているので便利

現在、羽田空港と成田空港からドーハのハマド国際空港まで、それぞれ毎日1便が就航。ボーイングやエアバスの最新機材を次々に導入しており、安全面においてもIATA(国際航空運送協会)の認証を受けた安心の航空会社なんです。

エコノミークラスでも充実のサービスを!!

カタール航空は、エコノミークラスでも充実のサービスを提供!! 他社と比べ広々とした座席に充実のエンターテインメント設備、さらにアイマスク、耳栓、歯ブラシ、リップクリーム、靴下が入ったアメニティセットも用意しています。

また日本就航の機内食では和食が採用されていて、季節にあったメニューが提供されます。食後にはカクテルが楽しめたり、夜食のスナックサービスもあって至れり尽くせり♪

「世界一」を獲得したビジネスクラス

カタール航空のビジネスクラスは、2018年に続き2019年も「ワールド・ベスト・ビジネスクラス(World’s Best Business Class)」で第1位を受賞。スタイリッシュなデザインのプライベートが確保された空間で、くつろぎのひと時を過ごすことができます。機内食は一流シェフ監修によるもので、味はもちろん盛り付けからカトラリーに至るまで、細部にこだわりが見られます。

カタール航空を利用すれば、世界がもっと近くなる

カタール航空が拠点とするドーハのハマド国際空港は、ハブ空港でもあります。ここを経由してのヨーロッパ、アフリカ、南米へのフライトは接続のスケジュールがいいのが特徴!! またカタール航空のエコノミークラスはお手頃な価格なので、価格が高くなりがちなヨーロッパへのフライトが割安になることも。空港にはフードコートやカフェ、土産店などがたくさんあるので乗り継ぎ時も退屈しません。また、乗り継ぎ時間が長い方には、ドーハ市内観光ツアー(有料)もあるので、あえてトランジットツアーを盛り込んだ旅行プランも楽しいかもしれませんね!!

いかがでしたか? 「ワールド・ベスト・ビジネスクラス(World’s Best Business Class)」で1位を獲得したゴージャスなビジネスクラスはもちろん、リーズナブルな運賃で乗れるエコノミークラスも人気の「カタール航空」。ぜひ一度は乗ってみたいですね♪

この記事は2017年10月3日に公開されたものを再編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。