• 2018年5月29日更新
  • Yokito

スタバ1号店やセーフコ・フィールドがある♪アメリカ西海岸に行くならシアトルをチェック!

アメリカ西海岸の中でも有数の大都市であるシアトルはカナダとの国境沿いに位置し、イチロー選手が在籍するシアトル・マリナーズの本拠地として知られているほか、美しい自然や美味しい海の幸が楽しめます☆今回はそんなシアトルのオススメ観光スポットを3つご紹介します!!

スタバ発祥の地はシアトル!!オリジナルスターバックスに行こう♪

海沿いにある名物市場「パイク・プレイス・マーケット」から徒歩圏内に、茶色の看板が目印の小さなスターバックスコーヒーの店舗があります。この店舗こそ、今や世界中に展開しているスタバの1号店!観光スポットとして大人気で、店内にはこの店舗でしか買えないオリジナルグッズが多数販売されています♪

スターバックス創業当時のロゴが使用されているグッズは、レア感満点でお土産に大人気です!ちなみにこのスタバ1号店は、とても小さな店舗のためイートインスペースは無し。また時間帯によっては外まで行列ができていることがあるので、朝早めに行くのがオススメです!この近辺は可愛いホテルが多いので、近くに宿泊してコーヒーをテイクアウトするのもアリ♪

■スターバックスコーヒー1号店
住所
1912 Pike Pl, Seattle, WA 98101 アメリカ合衆国
営業時間
6:00~21:00
定休日
電話番号
+1 206-448-8762

驚愕のド迫力!「シアトル航空博物館 」

航空博物館
Photo credit: Tony in WA on Visualhunt / CC BY-SA

またシアトルを訪れたなら是非立ち寄りたいスポットが「シアトル航空博物館」!飛行機製造で有名なあのボーイング社は実はシアトルの会社。この博物館では様々な飛行機にまつわる展示を見学できます♪最新機から100年近く前のモデルなど、たくさんの航空機が展示されていて、スゴイ迫力ですっ!!

こちらの工場は民間の博物館で世界最大級としてギネスブックにも登録されています。見学だけでなくフライトシミュレータを体験したり、宇宙に関する勉強もできるんです。キッズ用のコーナーもあるので、家族連れでも楽しめるのも魅力の一つ◎館内の様子は、コチラの動画から見ることができますよ♪

■シアトル航空博物館
住所
9404 East Marginal Way South, Seattle, WA 98108
営業時間
10:00~17:00
休館日
入館料
大人(18~64歳)/21ドル、シニア(65歳~)/18ドル、子供(5~17歳)/13ドル、4歳以下/無料
電話番号
+1 206-764-5700

本場の熱気を体感!セーフコ・フィールド

セーフコ・フィールド

最後にオススメするのが、シアトル・マリナーズのホームスタジアムである「セーフコ・フィールド」!イチロー選手が特別アドバイザーとして半永久的在籍が決まり、来シーズン以降は選手として登場するかもしれないというのです。

Ami Larsenさん(@iamami17)がシェアした投稿

観客席数47,000の広大なスタジアムでは、どの席からもフィールドが見渡せるようになっており、ここならではのローカルグルメも楽しみのひとつ!!イチ押しは日本食店「Hiroshi’s」特製1パック15ドルの「イチロール」♪その名の通りイチロー選手にちなんで作られた寿司ロールで、大人気メニューです☆

■セーフコ・フィールド
住所
1250 1st Avenue South, Seattle, WA 98134
営業時間
試合予定に準ずる
定休日
電話番号
+1 (206) 346-4000

シアトルへのアクセスは?

シアトル市街地

実は“日本から最も近いアメリカ”で、成田からのフライト時間は約9時間。日本との時差は-17時間で、市内には日系のお店やレストランも多いことから日本人の留学先として人気を集めています♪
空港から市内へのアクセスですが、タクシーやレンタカーならば30分ほど、公共交通機関ではリンク・ライト・レールという路面電車があり、片道2.5ドル程で所要時間約30分で行くことが出来ます。

オリジナルスタバに、マリナーズの本拠地があるシアトル。郊外にはコーヒーでおなじみのマウントレーニアもあるなど、豊かな自然が広がります。
そんなシアトル、ぜひ一度行ってみてくださいね。

この記事は2017年5月30日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。

Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。