鮮魚から揚げたてサーターアンダギーまで手に入る!沖縄の台所「牧志公設市場」

沖縄中の食材が集まり、“沖縄の台所”として60年以上の歴史を持つ「牧志(まきし)公設市場」は、ローカル色の強い沖縄の食文化を知るにはもってこいの市場。沖縄好きの方にも、沖縄は初めてという方にもぜひ出かけてもらいたいスポットです。

牧志公設市場はどんなところ?

牧志公設市場

牧志公設市場は沖縄随一の繁華街である国際通り沿いのドン・キホーテ横、市場本通りからアーケード内部へ入ったところにあります。お土産屋さんが並ぶアーケードをまっすぐ進むと、右手に「牧志公設市場」の大きな看板が見えてきます。
入口付近の頭上には「公設市場入口」の看板がありますので、市場内部への道もすぐに見つかりますよ。入口を入ると1階には魚介類をはじめとする沖縄特有の品々が並び、エスカレーターをのぼった2階には食堂があります。

1階は沖縄食材の宝庫!

牧志公設市場の魚売り場

沖縄近海で獲れた魚介類や、肉類、乾物、加工品、調味料など沖縄特有の品々が並ぶ1階。地元の買い物客や日本人旅行客はもちろん、外国人観光客にも人気で、連日多くの人で賑わっています。
まず目を引くのが、本土では目にしない色鮮やかなお魚。熱帯魚のようなブルーのうろこを持つイラブチャー(ブダイ)は思わず写真に収めたくなる美しさです。また、見た目がややグロテスクなセミエビもある意味フォトジェニック。セミエビは、実は伊勢エビよりもおいしいと言われており、お刺身やお味噌汁にするのがおすすめとか。
普通は水族館でしかお目にかかれないハリセンボンも、ここ沖縄ではアバサーと呼ばれ、食材として市場に並んでいますよ。

牧志公設市場の肉売り場

また、見た目のインパクト大!なのが、沖縄名物の豚足(テビチ)や豚の頭(チラガー)です。豚の頭にサングラスがかけてあったり、花冠が載せてあったりと店主のユーモアもたっぷり。豚の耳皮(ミミガー)はぜひ味見をしてみてくださいね。そのほか、沢山の種類がある島らっきょうや、ゴーヤにヘチマなどの野菜類、スパム、薬草茶、黒糖、などなど…沖縄の食に欠かせない食材がずらりと並んでいますので、ぶらぶら散策するだけでもあっという間に時間が経ってしまいます。知らない食材の食べ方を教えてくれたり、試食をさせてくれたりと、地元の人々もとっても気さくに接してくれますよ。

お刺身にサーターアンダギー。沖縄グルメを満喫しちゃおう!

Yuta Inoueさん(@happy_world_trip)がシェアした投稿

建物中央のエレベーターで2階に上がると、10軒ほどの飲食店が並んでいます。ここでは、1階で購入した魚を刺身や、汁物、揚げ物等に調理してくれる「持ち上げ」という制度があります。沖縄のお魚は本土では目にしないものも多く、どの魚がどんな料理に合うのか、わからないですよね。そんな時は店員さんにおすすめの調理方を聞いてみましょう!新鮮な食材を地元の人おすすめの調理法で食べることほど美味しい食べ方はありません。調理代が別途かかりますので、詳しくはお店の人にたずねてみましょう。
このほか、沖縄そばやゴーヤチャンプルー、ラフテーなど定番沖縄料理が食べられる店も並びます。

Ayumi*さん(@ryso01)がシェアした投稿

また、食後のデザートにぴったりのスイーツ店も見逃せません。おすすめは何といっても揚げたてのサーターアンダギー。サクッとした食感がやみつきになりそうな美味しさです。日持ちもするので、家族へのお土産にもおすすめですよ。また、沖縄県産の旬のフルーツとジェラートとを混ぜ合わせた、低カロリー低脂肪の生ジェラートのお店もあります。

牧志公設市場の休場日

市場は毎月第4日曜日(12月は除く)、お正月、旧正月、旧盆がお休みになります。旧正月や旧盆は毎年異なりますので事前にチェックしてからお出かけくださいね。
ローカルな雰囲気あふれる場所が好きな方にはぜひおすすめしたいスポットです。沖縄名物を食べて、ショッピングも楽しめちゃいますよ!

■第一牧志公設市場
住所
沖縄県那覇市松尾2-10-1
営業時間
8:00~21:00 (※店舗により異なります)
定休日
毎月第4日曜日 (12月は除く) 正月、旧正月、旧盆 (※店舗により異なります。)
アクセス
ゆいレール牧志駅より徒歩約9分、美栄橋駅より徒歩約10分  

※情報は記事公開日時点のものになります。