沖縄の離島に行ってみたい人にオススメ!手つかずの自然が残る「伊平屋島」をご紹介

伊平屋島は沖縄本島から北へ約41kmに位置する面積約21k㎡の島。伊平屋島と野甫島(のほじま)の2つの島から成り、島の間には野甫大橋が架けられています。沖縄本島からはフェリーで80分ほどで行けますよ。一年を通して過ごしやすい気候と美しい海はもちろんですが、日本神話や琉球王朝のルーツにも深く関わりがあり、多くの史跡やパワースポットが残っているのも魅力です。

ダイビングやシュノーケリングも楽しめる美しい海

ビーチ

伊平屋島の魅力と言えば、なんと言っても驚くほど美しいビーチです。島内には白い砂浜とエメラルドグリーンの海が広がるビーチがたくさんあり、浜遊びはもちろん、シュノーケリングやシーカヤックなど様々なアクティビティを楽しむことができます。
マリンアクティビティのなかでも、島でぜひ体験して頂きたいのがダイビング。美しい珊瑚礁に囲まれていて、島の周辺にはたくさんのダイビングスポットがあるんです。島内にはダイビングサービス会社がいくつかあり、ライセンスが無くても参加できる体験ダイビングを受け付けているので、未経験でも楽しむことができますよ。また、ポイントまでボートで行くシュノーケリングも受け付けているので、伊平屋島の海を満喫してみてくださいね。

■ダイビングサービス ノースアイランド
住所
沖縄県島尻郡伊平屋村字島尻 1827
電話番号
0980-46-2625
料金
1ボートダイビング(ファンダイビング)/9,000円、体験ダイビング/15,000円、シュノーケリング/5,000円
■ダイビングショップJIN
住所
沖縄県島尻郡伊平屋村島尻345
電話番号
0980-46-2567
料金
1ボートダイビング(ファンダイビング)/9,000円、体験ダイビング/15,000円、シュノーケリング/5,000円

伊平屋島で訪れたいオススメ観光スポット

伊平屋島には米崎海岸やクマヤ海岸に代表される美しい海岸に加え、この島ならではの珍しい観光地があります。 県の天然記念物にも指定されているのが「久葉山」で、クバと言う手のひら状の葉をつける植物が生い茂る山です。麓には海と白い砂浜があり、青い空と深い緑の久葉山とのコントラストは絶景。
頂上にある「伊平屋島灯台」は、見晴台としてもオススメですよ。

伊平屋島の歴史に興味がある方にオススメなのが「神アシアゲ」です。柱と茅葺の屋根で造られた建物で、昔から神を招き祭事を行う神聖な場所として大切にされています。我喜屋と島尻という2ヵ所にあり、琉球王国時代の面影を感じさせてくれますよ。

伊平屋島は太陽神を意味する古語「てるしの」の島、とも呼ばれていて、島には神話に由来するスポットがあります。なかでも、太陽神の天照大神(あまてらすおおみかみ)が隠れたという「天の岩戸伝説」に登場する洞窟、と言われている「クマヤ洞窟」は必見!日本発祥の地であるという説もあり、パワースポットとしても知られているんですよ。

■久葉山
■島尻の神アシアゲ
■我喜屋の神アシアゲ
■クマヤ洞窟

毎年10月は「伊平屋ムーンライトマラソン」が開催

伊平屋島の自然を満喫できるイベントとしてオススメなのが「伊平屋ムーンライトマラソン」です。毎年10月の満月に近い土曜日に開催され、フルマラソンは島を一周する42.195kmのコース、ハーフマラソンは島を半周する21.0975kmのコースとなっています。ハーフマラソンは夕方からスタートするので、日差しが気になる方や初心者にもオススメですよ。コースは海沿いのほぼ平坦な道路なので走りやすいのが魅力。刻々と移り変わる島の風景を見ながら、マラソンを楽しむことができます。
2018年の申込み期間はすでに終了してしまいましたが、今後伊平屋島に行く方はぜひチャレンジしてみましょう♪

■伊平屋ムーンライトマラソンについて
開催日
2018年10月20日(土)
種目
フルマラソン、ハーフマラソン
定員
1,000名
参加費
10,000円
申込み期間
2018年5月1日(火)~7月31日(火)
電話番号
0980-46-2867

沖縄本島からはフェリーでアクセス!

伊平屋島へのアクセスは、沖縄本島の今帰仁村(なきじんそん)にある運天港からフェリーで向かいます。所要時間は約80分、運行は1日2便ですが、天候によって運休になることがあるので、当日の運行状況は公式サイトでご確認ください。

なお、那覇空港から運天港までは車で約2時間、公共交通機関を利用する場合は、空港からバスに乗り、約1時間50分「名護バスターミナル」まで行きます。バスターミナルからはタクシーにで30分ほどです。

沖縄旅行と併せて行くのはもちろん、離島に行ってみたいという方にオススメの伊平屋島。手つかずの自然と琉球王国文化が残るこの島で、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか。

■フェリー(運天港)
住所
沖縄県国頭郡今帰仁村上運天
電話番号
0980-56-4265(運天港連絡事務所)
料金
大人(12歳以上)/4,640円、子ども(6歳以上12歳未満)/2,320円 ※往復料金、別途環境協力税100円が必要
■伊平屋島観光協会
住所
沖縄県島尻郡伊平屋村我喜屋217-27 伊平屋村産業連携拠点センター内
電話番号
0980-46-2526
■伊平屋島

※情報は記事公開日時点のものになります。