歩き疲れて足パンパン!! その日のうちに疲れをリセットできるフットケアをご紹介。

観光地めぐりをして歩き回ったり、ショッピングでいろいろなお店をのぞいたり……楽しい旅行も一日が終わった頃には、どっと疲れが押し寄せてきますよね。特に疲れがたまりやすく頭を悩ませるのが“足の疲れとむくみ”。次の日も元気に過ごせるよう、足の疲れをリセットできるフットケアをご紹介します。

足の疲れ(イメージ)
足の疲れ(イメージ)

足の疲れには……

シャワー(イメージ)
シャワー(イメージ)

たくさん歩いたあとの足の疲れは、筋肉が軽い炎症を起こしているため、水のシャワーで膝から下を冷やして“ほてりをおさめてあげましょう。” 足の不快感が和らぐだけでなく、冷たい刺激で一時的に血管が収縮し血行が促進されます。シャワーで足を冷やしたら市販の足専用の冷却ジェルシートを使えば、さらに高い冷却効果が期待できますよ。

足裏シート(イメージ)
足裏シート(イメージ)

また、たくさんの血管やツボが集中した足裏には竹踏みを使いたところですが……荷物になってしまいますよね。そんな時はタオルを濡らして固く絞って、丸めて棒状にしたものの上で足踏みをすれば少しは楽になりますよ。痛みを軽減してくれる足裏シートを貼るのもおすすめです。市販の冷湿布を小さく切って土踏まずに貼るだけでも効果があるので、ぜひ持って行ってくださいね。

足のむくみには……

足指 広げるソックス(イメージ)
足指 広げるソックス(イメージ)

足のむくみやほてりは血行不良やリンパの流れが悪くなっていることで起こります。血行を促進し、リンパ管の流れをスムーズにすることで、むくみの原因である老廃物や水分を除去できます。そこで用意しておきたいのが、足指を広げるソックスです。足の指同士を離すことで指先が動きやすくなり、末端の血行不良を解消してくれます。ペディキュアをする際に使うトゥーセパレーターでも代用できるので持って行ってみてくださいね。

着圧ソックス(イメージ)
着圧ソックス(イメージ)

また、太ももから足首まで徐々に圧力がかかる着圧ソックスを使用するのも効果的です。静脈の血行を促進する足の筋肉のポンプ機能を手助けしてくれるため、むくみ防止に役立ちます。

ここのツボをおしてみよう

その他にも、足ツボマッサージを覚えておくと便利です。「足の三里(あしのさんり)」と呼ばれるツボは足の疲れを回復させるのにとっても効果的です。膝の外側、下部分にあるくぼんだ部分を中指や親指を使って適度な強さで刺激してあげてください。

いかがでしたか? 翌日に疲れを残さないように痛みやむくみをしっかりとケアしておけば、翌日も楽しめますね。

この記事は2016年8月24日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。