大ヒット映画の街を満喫しよう♪広島県呉市の見どころをご紹介!

かつて海軍の軍港があり、映画『この世界の片隅に』の中でその様子が詳細に描かれている広島県呉(くれ)市。現在も海上自衛隊・海上保安庁の拠点があり、その面影が残ります。今回は呉市がどんな街なのか、その魅力をお伝えするとともに、おすすめの観光スポットをご紹介します。

日本の近代史を身近に感じる!呉市おすすめの観光スポット

大和ミュージアム

1つ目は“大和ミュージアム”の愛称で知られる「呉市海事歴史科学館」。軍港として栄えてきた呉市の歴史や造船技術、日本海軍が造った史上最大の戦艦「大和」などの展示が行われています。歴史をきちんと学びたい方や、軍艦に興味のある方にぴったりのスポットですよ。

■呉市海事歴史科学館
住所
広島県呉市宝町5-20
営業時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日
火曜日
料金
一般/500円、高校生/300円、小・中学生/200円
電話番号
0823-25-3017

戦艦大和のドッグの名残が見える「歴史の見える丘」

ゆーだいさん(@ud_offmota)がシェアした投稿

呉市海事歴史科学館から徒歩約20分のところにある歴史の見える丘もまた、呉市の歴史を感じられるスポット。呉港をのぞむ小高い丘の上にある公園で、ここからは「旧呉鎮守府庁舎(現:海上自衛隊呉地方総監部庁舎)」や戦艦「大和」を建造したドックの名残を見ることが出来ます。現在ドックは埋め立てられていますが、目隠し用に造られた上屋はそのまま残されており、当時を偲ぶことが出来ますよ。

■歴史の見える丘
住所
広島県呉市宮原5

軍港の趣たっぷり!「アレイからすこじま」

アレイからすこじま
写真提供:広島県

「アレイからすこじま」は、かつて呉港が海軍の本拠地だったことを実感できる公園で、国内で唯一海上自衛隊の潜水艦を間近に見られるスポット。周囲には旧海軍工廠のレンガ建造物や魚雷の上げ下ろしに使われた旧魚雷積載用クレーンなどが並んでいます。軍港として栄えていた呉市のレトロな雰囲気を直に感じてみたい方におすすめです。

■アレイからすこじま公園
住所
広島県呉市昭和町

ランチにはぜひ呉市名物「呉海自カレー」をご賞味あれ!

せっかく呉市を訪れたら、地元で有名なグルメ「呉海自カレー」は外せません。海自カレーとは、毎週金曜日に海上自衛隊で食されているカレーのこと。呉市には海上自衛隊から直接作り方を教わり、海上自衛隊艦艇等の認定を受けた海自カレーを提供する店が30店舗以上あり、基地、艦艇ごとに異なるさまざまな味わいを楽しむことが出来ます。呉観光のランチとしてもおすすめで、お腹に余裕があれば食べ比べてみるのも面白いですよ。

中国・四国地方の三大夜景に数えられる“灰ヶ峰からの夜景”を楽しもう!

灰ヶ峰の夜景
写真提供:広島県

呉市観光の最後には、呉港と夜景を一望できる灰ヶ峰を訪れるのがおすすめです。灰ヶ峰は呉市の市街地北部に位置する、標高737mの山。夜景で有名な北海道の函館山の約2倍の標高があり、宝石をちりばめたような絶景は「天上から眺めているよう」とも評されます。中国・四国地方の三大夜景にも選ばれており、美しい夜景を楽しむならぴったりですよ。

■灰ヶ峰
住所
広島県呉市栃原町

呉市へのアクセスは?

広島県呉市へは、JR広島駅から呉線に乗って約32分。呉線は現在、平成30年7月豪雨災害からの復旧中であり、未だ一部区間のみの運転にとどまっていますが、呉市へはバスか船で行くことができます。バスの場合、広島市内の「広島バスセンター」から呉駅前まで約46分。船の場合、広島港から呉港へ、スーパージェットで約23分、フェリーで約45分です。

平成30年7月豪雨の影響でアクセスルートは限られているものの、現在呉市の主要な観光スポットは多くが再開していますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

■この記事で取り上げた施設について

※情報は記事公開日時点のものになります。