夏の夜空を彩る光の稲穂と職人芸に感動!東北三大祭りのひとつ「秋田竿燈まつり」

毎年8月3日~6日に秋田市で開催される東北三大祭りのひとつ「秋田竿燈まつり」。国の重要無形民俗文化財に指定されている、五穀豊穣を願う祭りです。大通りを彩る竿燈は、米どころらしくさながら稲穂のよう竿燈を巧みに操る職人たちの演技が観客を熱狂させ、街は盛大な盛り上がりをみせます。

竿燈まつりの由来とは?

秋田竿燈まつり

真夏の病魔や邪気を払うために七夕に行われていた「ねぶり流し」という行事に由来しているのではないかと言われていて、江戸時代中期には竿燈まつりの原型ができていたと考えられています。もともとは短冊と提灯を持ってねぶり流しをしていた人々がたくさん持てるようにと竹竿を十字に組み、そこに提灯を飾ったのが竿燈の始まりなのだとか。昔の人の知恵や工夫、遊び心が合わさってできた歴史ある祭りなんですね。

まさに職人の技!巨大竿燈を用いた迫力の演技

秋田竿燈まつり

竿燈は大きいもので、長さ12m、重さ50kg、提灯の数46個。職人が額や肩、腰などに乗せ、バランスをとりながら芸を披露するという独特の演出で観客を熱狂させます。大きな竿燈が一人一人の職人によって操られ、明かりの灯ったたくさんの提灯が宙で揺らめく様子はとても綺麗。そして、大きくしなる竿燈に時折驚かされながらも、ダイナミックな光景に目は釘付けです。
さらに、祭り期間中に開催される竿燈妙技会では、芸に磨きをかけた職人たちが団体戦や個人戦で競い合い、祭りを一層盛り上げてくれますよ。こちらも見逃せませんね。

竿燈まつりの主なスケジュール

秋田竿燈まつり

日中の「昼竿燈(竿燈妙技会)」と夜に行われる「夜竿燈」があり、夜竿燈では大通りに280本もの竿燈がひしめき合い、夏の夜空を彩ります。午後から 夜にかけて屋台村やグルメフェスティバルなども開催されていて、ご当地ならではのグルメもお腹いっぱいに楽しむことができますよ。

夜竿燈の演技の後には竿燈に触れることができるので、ぜひ記念に担いでみましょう。この夏のご予定に竿燈まつりを組み込んでみては?

■秋田竿燈まつり
開催期間
8月3日~6日
会場
夜本番(竿燈大通り)、昼竿燈(妙技会・エリアなかいちにぎわい広場)

※情報は記事公開日時点のものになります。