東北の城下町・岩手県盛岡市でレトロかわいい建物&ハンドメイド体験を満喫♪

岩手県の県庁所在地である盛岡市は、かつてこの辺り一帯を治めていた南部氏が盛岡城を築いて以降、東北でいち早く発展した城下町です。太平洋戦争での空襲による被害が少なかった盛岡には、明治・大正時代に建てられたレトロな建物が点在しており、現在でも店舗として利用されています。今回は、そんなノスタルジックな雰囲気が残る盛岡の魅力をご紹介します。

美しいレンガ造りが存在感抜群「岩手銀行赤レンガ館」

岩手銀行赤レンガ館

1911年~2012年まで銀行として営業していた「岩手銀行赤レンガ館」。東京駅と同じ建築家によって設計された重厚な赤レンガの建物で、国の指定重要文化財に指定されています。館内は有料と無料の2つの見学ゾーンに分かれており、有料ゾーンでは当時の会議室などが復元されていたり、実際の資料が展示されていたりと建物や銀行の歴史に触れることができます。 盛岡駅からバスで中ノ橋通1丁目下車後、徒歩すぐです。

■岩手銀行赤レンガ館
住所
岩手県盛岡市中ノ橋通1-2-20
営業時間
10:00~17:00(最終入館16:30)
定休日
火曜日、12月29日~1月3日
料金
大人(16歳以上)300円、小・中学生 100円
電話番号
019-622-1236

宮沢賢治も歩いた商店街「いーはとーぶアベニュー」

natsu.⚘さん(@na____aaaa____tsu)がシェアした投稿

約400年の歴史を持つ商店街である材木町の通りはいーはとーぶアベニューと呼ばれています。岩手出身の童話作家・宮沢賢治にゆかりの深い光原社(現在はカフェと民芸店)があるほか、本人の像や光と音楽をモチーフに作られたモニュメントが点在しており、宮沢賢治のファンタジックな世界を楽しむことができます。光原社の奥にはマエヂル館や可否館などのクラシックな佇まいの建物があります。 こちらは盛岡駅から徒歩約5分です。

■いーはとーぶアベニュー
住所
岩手県盛岡市材木町

大人も子供も一緒に楽しめる「盛岡手づくり村」

Mayu-la555さん(@mayu_la555)がシェアした投稿

盛岡の伝統技術を間近で見学できるだけでなく実際に体験することができる盛岡手づくり村では、熟練の職人さんたちに手ほどきを受けながら、盛岡せんべい焼きや盛岡冷麺作り、陶器や染物体験にチャレンジできます。お店で完成品を手にすることはできても自分で作る機会はなかなかないので、旅行の記念に参加してみてはいかがでしょうか。 盛岡手づくり村へは、盛岡駅から繋温泉か繋温泉経由鴬宿温泉行きのバスに乗り盛岡手づくり村前で下車して徒歩すぐです。

■盛岡手づくり村
住所
岩手県盛岡市繋字尾入野64-102
営業時間
8:40~17:00
定休日
12月29日~1月3日
料金
入村料無料。手づくり体験教室 100円~
電話番号
019-689-2201

市内観光におすすめ!循環バス「でんでんむし」

盛岡駅を起点とした循環バス「でんでんむし」は、主要な観光スポットを網羅した1周5.7kmのルートを10~15分間隔、所要時間約35分で運行していて市内観光にとっても便利!運賃はどこから乗っても乗車1回につき100円(子供50円)、1日フリー乗車券は300円(子供150円)とお財布に優しいのも嬉しいですね。ちなみに、フリー乗車券を提示すると「盛岡歴史文化館」の入館料が20%割引になりお得ですよ。

レトロな建物や手作り体験など女子の好奇心をくすぐるスポットが充実している盛岡。冷麺やわんこそばなどのご当地グルメも目白押しです。新幹線の停車駅でアクセスもしやすいので、気軽に旅行してみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。