四季折々の景色が美しい!山形観光のオススメスポット最上川の舟下り

東北の観光スポットとして知られる最上川。かつて松尾芭蕉も『おくのほそ道』で最上川を詠んでいます。他にも、平安時代末期に源義経が兄・頼朝から逃れる際に訪れたという伝説があるなど、歴史ある場所なんですよ。
そんな最上川は、風流な舟下りができるスポットなんです。一体どんな舟下りなのか、ご紹介したいと思います!

四季折々の景色を楽しめる最上川舟下り

最上川舟下り

日本有数の急流河川である最上川。最上川随一の景勝地、最上峡では、舟下り観光を楽しむことができます。山や森、滝などの豊かな自然に囲まれていて、季節によって楽しみ方が異なるのが特徴なんです。

最上川舟下り

松尾芭蕉が「五月雨(さみだれ)を集めて早し最上川」と詠んだように、春は流れの速い舟下りを楽しむことができます。夏は冴える緑と川のコントラスが美しく、インスタ映えも期待できるし、夕涼みがてら舟下りを楽しむのもオススメ。秋はゆっくりと紅葉を堪能しながら…というのもいいですよね。また、冬はこたつ付きの舟が運行されるので、暖を取りながら水墨画のような雪景色を楽しむことができますよ。

縁結びのパワースポット「仙人堂」

紅葉の最上川舟下り

最上川の舟下りにはいくつかの見どころがありますが、縁結びスポット「仙人堂」をお参りするのがオススメ。舟下りはいくつかの会社が催行していますが、仙人堂は「義経ロマン観光」が運行する舟でのみでアクセス可能。陸路は無く、舟でしか行けないなんて、ちょっと珍しいですよね。

最上川 仙人堂

JR高屋駅の駐車場近くに舟着場があり、そこから対岸の仙人堂へ。仙人堂は源義経が立ち寄ったとも言われ、『おくのほそ道』にも記されている歴史あるスポット。お参りした後には、縁結びのお守りやここでしか買えない「縁結び切符」もゲットしましょう♪

縁結びと言っても、恋愛だけでなく仕事や健康などにもご利益が期待できるそう♪境内には、四つ葉のクローバーがたくさん生えているそうなので、見つけられたらさらに運気アップが期待できますね!

■義経ロマン観光
住所
山形県最上郡戸沢村大字古口字高屋3112-1
出航時間
平日/10:00、11:30、13:00、14:30
土日祝/10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00
料金(仙人堂を訪ねるコース)
大人/2,300円、子供(小学生)/1,150円、未就学児/無料
電話番号
0234-57-2148

最上川へのアクセスは?

最上峡芭蕉ライン

東京から最上川舟下りをするには、まずは山形新幹線で最短3時間11分、新庄駅を目指します。新庄駅でJR陸羽西線(りくうさいせん)の「奥の細道最上川ライン」に乗り換えて約26分で、船着場のある高屋駅に着きますよ。

Chiyokoさん(@chiyopinko)がシェアした投稿

仙人堂への舟が出ている高屋駅は、「縁結びステーション」とも呼ばれているので、記念撮影にもピッタリ!

歴史あり、風光明媚な景観ありの最上川。舟下りで四季折々の美しい景色を見つつ、パワースポットも訪ねて運気アップ♪古の人々も魅了された素晴らしい景色を確かめに、最上川に行ってみてください!

■JR高屋駅 (陸羽西線 奥の細道最上川ライン)
住所
山形県最上郡戸沢村大字古口字高屋
この記事は2018年1月13日に公開されたものを編集したものです。

※情報は記事公開日時点のものになります。