東北の自然と文化を体感できる宮城県「みちのく公園」に行ってみよう!

みちのく公園は釜房ダム湖畔にある、東北唯一の国営公園。約647ヘクタールという広大な敷地内には、その風光明媚な環境を利用し花畑や広場、ボート乗り場など様々な施設があります。車で約15分のところには秋保温泉があり、東北自動車道や山形自動車道からのアクセスが良いので、県内外から多くの方が訪れるんですよ。

テーマの異なる3つの地区

国営みちのく杜の湖畔公園

広大な公園内は、特色毎に3つのエリアに分かれています。公園の中心となるのが水と文化をテーマにした「南地区」。花が好きな方にオススメのエリアで、四季折々の美しい花々を楽しむことができます。特に、季節毎に10万株の花を楽しめる「彩のひろば」は必見♪中心にある噴水も素敵で、チューリップやパンジーなど色とりどりの植栽があり、フォトスポットとしてもオススメですよ。また、東北各地から移築された古民家が並ぶ「ふるさと村」には当時の生活道具も展示されていて、東北の文化や暮らしの知恵を学べます。

国営みちのく杜の湖畔公園

犬連れの方にオススメなのが、草原が広がる「北地区」。パークゴルフ場にテニスやフットサルなどができる多目的コート、そして登録制のドッグランがあるので、のびのびと遊ぶことができます。
もっと自然を満喫したい方にオススメなのが「里山地区」。約100年の歴史を持つスギ林があり、ツリーハウスや野鳥観察など様々な体験ができます。里山の季節の見どころを展示している「地域交流館」もあるので、詳しく知りたい方は立ち寄ってみましょう。

コテージでバーベキュー!遊んだ後はキャンプを楽しもう

アウトドアを満喫したい方はキャンプもできます。北地区には「エコキャンプみちのく」があり、蔵王連峰を眺めながら湖畔でのキャンプを楽しむことができますよ。キャンプサイトは3種類で、眺めの良い芝生の上でくつろげるフリーテントサイトと電源付きのオートキャンプサイトがあります。また、人数が多ければコテージもオススメ。6人~14人用で、キッチンやお風呂も完備しているので、キャンプ道具を持っていない初心者でも安心。テラスではバーベキューをすることもできますよ。

エリア内には、売店やコインランドリーなどがある「センターハウス」、キャンプ場利用者なら無料で使える温泉棟といった施設が充実しているので、公園で思いっきり遊んだ後は、気軽にキャンプも楽しんでみてくださいね。 なお、キャンプ場の利用は事前予約制。インターネットからも予約でき、予約状況の確認もできますよ。

エコキャンプみちのく
住所
宮城県柴田郡川崎町大字川内字向原254
予約電話番号
0224-84-6633 ※受付時間9:00~17:00
利用期間
4月~11月
※休業期間は12月~3月
休業日
火曜日(月曜日の宿泊は可能)、4月23日~5月3日 ※5月4日~6月20日と7月16日~10月31日の期間は無休
チェックイン
オートキャンプサイト・フリーテントサイト/14:00~18:00、コテージ/15:00~18:00
チェックアウト
8:00~11:00
キャンプ場の施設利用料金
大人(15歳以上)/750円、子ども(小・中学生)/120円
※入園料含む
キャンプサイト利用料金
コテージ/15,450円~、オートキャンプサイト/3,100円、フリーテントサイト/500円

みちのく公園へのアクセスは?

国営みちのく杜の湖畔公園

首都圏からみちのく公園へのアクセスは、車で行く場合は東北自動車道から山形自動車道を経由して向かいます。所要時間は約4時間30分です。
また、公共交通機関を利用する場合は、東北新幹線「仙台駅」を降りたら秋保温泉郷経由のバスを利用しましょう。バスの所要時間は1時間程度です。

東北の自然や文化に触れつつ、アウトドアを満喫できる「みちのく公園」。四季折々の花々を見て写真に撮るだけでもとっても楽しめますよ。秋の行楽シーズンに、ぜひ足を運んでみてください!

国営みちのく杜の湖畔公園 みちのく公園
住所
宮城県柴田郡川崎町小野二本松53-9
電話番号
0224-84-5991
開園時間
3月~6月/9:30~17:00、7月~8月/9:30~18:00、9月~10月/9:30~17:00、11月~2月/9:30~16:00
休園日
火曜日(祝日の場合は翌水曜日)、12月31日~1月1日 ※4月1日~6月第3日曜日と7月第3月曜日~10月31日の期間は無休
入園料
大人(15歳以上)/450円、子ども(小・中学生)/無料

※情報は記事公開日時点のものになります。