自然が織りなす蔵王樹氷群「アイスモンスター」の絶景とスキー・湯めぐりの旅

山形蔵王温泉スキー場
山形蔵王温泉スキー場

蔵王温泉の開湯は1900年前と言われており、その東北随一といわれる強酸性硫黄泉は「美人づくりの湯」としても古くから親しまれてきた名湯です。大正14年(1925年)に山形蔵王温泉スキー場が開業し、パウダースノーで変化にとんだゲレンデコースと樹氷が世界的に有名となり、数多くの観光客が訪れるようになりました。

< 目次 >

  1. スキー・スノーボードを楽しむ
  2. 樹氷を観賞
  3. 温泉を巡る
  4. 味覚を楽しむ

スキー・スノーボードを楽しむ

蔵王温泉スキー場のロープウェイ
蔵王温泉スキー場のロープウェイ

蔵王温泉スキー場は、単独のスキー場としては日本で最も広い面積を持ち、14のゲレンデと12のコース、スキー場内には大人数を乗せることのできるロープウェイが3基、4人乗りのゴンドラが1基、リフトが32基あります。初心者から上級者まで楽しめる東北最大級のスノーリゾートです。

スキー場は、例年12月の第1土曜日か第2土曜日にオープンします。また、一部のゲレンデはゴールデンウィーク頃まで楽しめることもあるようです。スキー場の雪質はさらさらとしたパウダースノーで、スキーヤーやスノーボーダーにとっては絶好の環境です。

蔵王温泉スキー場では、かんじきを履いて蔵王の山々や樹氷を巡る、かんじきスノートレッキングができます。山岳インストラクターのサポートのもと、1月下旬から3月下旬にかけては、樹氷鑑賞コース(4km)と中央高原樹氷鑑賞コース(3km)の2つのコースが用意されています。

3月下旬から4月上旬にかけては、雪山に慣れた人でないと滅多に近づくことのできない冬の御釜までを安全に歩ける冬のお釜鑑賞ツアーが設定されます。これらのツアーを行う蔵王ロープウェイでは、かんじきの無料貸し出しも行っています。なお、2日前までの予約が必要です。

樹氷を観賞

蔵王の樹氷
蔵王の樹氷

蔵王温泉スキー場の大きな魅力の一つは樹氷です。雪が多く降る2月頃に最大になり、その大きさから「スノーモンスター」とも呼ばれます。樹氷の様子は、ロープウェイ山頂駅近くから滑走する樹氷原コースから確認できます。

樹氷ライトアップ
樹氷ライトアップ

冬季には、蔵王樹氷まつりが開催され、特定日にはゲレンデから冬の花火や樹氷のライトアップが楽しめます。2019年2月2日(土)には、1,000名のスキーヤーによる松明滑走が行われ、松明滑走のあとには、花火が夜空を彩ります。期間中は暖房付き雪上車「ナイトクルーザー号」に乗って、ライトアップを楽しむ「樹氷幻想回廊ツアー」も行われ、樹氷や霧氷を近くから見られます。

蔵王樹氷まつり
開催期間
2018年12月22日(土)~2019年3月3日(日)
樹氷ライトアップ
開催期間
2018年12月22日(土)から2019年3月3日(日)の間の特定日
時間
17:00~21:00 (上りは最終19:50)
会場
蔵王ロープウェイ山頂駅及び山頂線周辺 (蔵王ロープウェイ乗車)
料金
おとな2,800円
こども1,400円
(ロープウェイ往復乗車料)

温泉を巡る

蔵王温泉街
蔵王温泉街

蔵王温泉は、pH(ペーハー)の値が1.25~1.6と、強酸性の硫黄泉です。硫黄泉には殺菌作用や血行促進効果などがあることから、「美人づくりの湯」とも呼ばれています。蔵王温泉の温泉街には3つの共同浴場、3つの足湯、5つの日帰り温泉施設があり、日帰りでも気軽に湯が楽しめます。

蔵王温泉大露天風呂
蔵王温泉大露天風呂

◆蔵王観光案内所で買える湯めぐりこけし

蔵王観光案内所では湯めぐりシールが3枚付いた「湯めぐりこけし」という、着色前の状態のこけしを購入できます。湯めぐりシール1枚(一部の旅館では2枚必要)と引き換えに、加盟旅館の温泉を周遊できます。ひとりで3カ所まわらない場合は、複数の人でシールを分けることもできます。また、「湯めぐりこけし」には、絵入れ体験もできる(絵の具代別途 230円)ので、お土産としてもおすすめです。

味覚を楽しむ

山形の地酒(イメージ)
山形の地酒(イメージ)

蔵王温泉で食べておきたいのが蔵王牛。これは蔵王高原牧場だけで生産された交雑種のブランド牛で、赤身肉の美味しさと黒毛和牛の上品な脂の美味しさの両方を兼ね備えています。ステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶなどの形で、山形市内の飲食店や宿泊施設などで味わえます。

山形県は地酒も美味しい地域です。口当たりが良く、芳醇な甘みのある「十四代」をはじめ、米の旨みたっぷりの「くどき上手」、「上喜元(じょうきげん)」、「雅山流(がさんりゅう)」など、名作がたくさん生まれています。

スキー・スノーボードだけではなく、樹氷やライトアップ、湯巡り、味覚と、ひとつのエリアで冬の醍醐味が味わえる蔵王温泉スキー場。リフト・ロープウェイ乗り放題券付き、日帰り温泉チケット付き、連泊割引、選べる浴衣など、うれしい特徴はツアーごとにさまざま。お好みのコースを、ぜひ探してみてください。

※2018年10月29日:「自然が織りなす蔵王樹氷群「アイスモンスター」の絶景とスキー・湯めぐりの旅」の情報を更新しました。

※このページは株式会社たびゲーターが運営する旅行情報サイト「トラベルバリュー」に公開されている、2018年11月末時点の情報を掲載しています。
※最新の情報については、下記のリンクから参照ください。
オリジナルサイトで記事を読む

※情報は記事公開日時点のものになります。

トラベルバリュー
大人時間を彩る旅の情報サイト「トラベルバリュー」では、次の旅行で訪れたい日本各地の観光やグルメ、日帰り旅行や文化体験などワンランク上の旅をご提案します。
トラベルバリュー|Travel-value (外部リンク)