岐阜県にこんな場所があったんだ!恋のつり橋「宮山橋」で恋愛成就を祈願しよう♪

今回ご紹介するのは、岐阜県揖斐川町にあるつり橋、宮山橋。蔦で主塔を覆われ、ゆらゆらと揺れる木製の造りは、一見古びたつり橋にしか見えません。実はこちら「恋のつり橋」と呼ばれる、ロマンチックなスポットなんです。カップルで訪れるのもおすすめですよ!

岐阜県の宮山橋は、別名「恋のつり橋」!

恋のつり橋

宮山橋が「恋のつり橋」と呼ばれるようになったのにはいくつかの説があります。一つ目はもともと揖斐川町に位置していた旧久瀬村の村おこしデュエットソング、「久瀬夢ろまん」の歌詞に宮山橋を思わせる「恋のつり橋ゆらゆらゆらり」という一節があったことから。もう一つは、橋の完成後、両岸の地域に住む男女がよく結ばれるようになったことから、など。

いずれにしても男女の結びつきを感じさせるようなエピソードで、“恋のつり橋”と呼ばれるのもうなずけますね。

橋を渡って「結ばれ地蔵」で恋愛成就を祈願しよう♪

結ばれ地蔵

宮山橋を渡り切ると、可愛らしい「結ばれ地蔵」と「恋の鐘」が出迎えてくれます。結ばれ地蔵はお互いを見つめながら微笑んでいる大小のお地蔵様の像で、見ているだけで癒されますよ。

結ばれ地蔵の隣にはハート型の絵馬や南京錠がずらりと並んでいます。お願い事を込めて奉納すれば、恋愛成就祈願にも、カップルで訪れて仲を深めるにもぴったりですよね。絵馬は橋近くの物産販売所で購入可能なので、渡る前に忘れずに手に入れておきましょう。

恋のつり橋へのアクセスは?

養老線

「恋のつり橋」こと宮山橋へは、バスや電車を使う場合、養老鉄道「揖斐駅」から揖斐川町コミュニティバス揖斐川北部線に乗って、「久瀬振興事務所」で下車してください。車の場合、東海環状自動車道を大垣西ICで降り、国道21号、417号、303号を経由して約40分で到着です。

■宮山橋(恋のつり橋)
住所
岐阜県揖斐郡揖斐川町東津汲
電話番号
0585-22-2111(揖斐川町公式HP)

恋愛成就として人気のスポット、恋のつり橋。岐阜市からは少し離れてしまい、アクセスも大変ですが、岐阜旅行に来た際はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

※情報は記事公開日時点のものになります。