山中湖畔の絶景スポット♪山梨県「花の都公園」で花とイルミネーションを楽しもう

「花の都公園」は山中湖のほとり、標高1,000mの高原にある公園。広大な敷地内には、無料で入れる「花畑・農園エリア」と温室や滝などがある有料の「清流の里エリア」に分かれています。富士山を背景に、春はチューリップ、秋はコスモスなどが咲き、花と富士山が織りなす絶景が見られます。食事処や土産店もあるので、1日中楽しめる場所なんですよ。さらにこれからの時期はイルミネーションが開催され、冬ならではの美しさを味わえます。

園内を飾る幻想的なイルミネーション

花の都公園のイルミネーション 富士山 山中湖 2008年

今年は「2018イルミネーションファンタジウム~冬の煌めき~」と題し、11月23日(金)から開催。広大な園内に、総数50万球のライトによって作られて富士山や滝など様々なイルミネーション作品が展示されています。

空気が澄んでいるので富士山のくっきりとした輪郭が見られ、イルミネーションとの幻想的な共演を楽しむことができますよ。また、期間中は花火が打ち上げられる日もあるので、スケジュールを調べて行きましょう。なお、冬の山中湖周辺はとても寒いので、防寒の備えをお忘れなく。軽食が食べられるブースが設置される予定なので、冷えた体を温めることができますよ。

2018 イルミネーションファンタジウム ~冬の煌めき~
開催期間
2018年11月23日(金)~2019年1月3日(木)
点灯時間
17:00~21:00
花火打ち上げ日(予定)
2018年11月23日(金)・24日(土)・12月1日(土)・8日(土)・15日(土)・22日(土)・23日(日)・24日(月)
2019年1月1日(火)・2日(水)
※各日20:00に打ち上げ

自然が生み出す神秘の絶景「ダイヤモンド富士」

花の都公園のダイヤモンド富士 夕方 夕日 夕景 2009/01/12

様々な見どころを紹介してきましたが、これからの時期にぜひ見て頂きたいのがダイヤモンド富士です。ダイヤモンド富士とは、富士山の山頂に太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間、まるでダイヤモンドのように光り輝く現象のこと。太陽の動きは毎日変わるのでいつでも見られるというわけではなく、時期と場所、そして時間帯が合った時にだけ見られる神秘的な風景なんです。

花の都公園では、天気が良ければ今年は12月1日(土)から来年の1月15日(火)の午後3時25分に見ることができるそう。イルミネーションの開催と重なる期間もあるので、併せて楽しむのがオススメですよ。自然が生み出す期間限定の絶景。旅の思い出に写真を撮るのもお忘れなく♪

花の都公園へのアクセスは?

山中湖 花の都公園 富士山

都心から花の都公園へのアクセスは、車で行く場合は東富士五湖道路「山中湖I.C.」で降りたら、山中湖方面へ5分ほど進み到着。合計所要時間は約2時間30分です。
公共交通機関を利用する場合は、小田急「新宿駅」から小田急ロマンスカー「あさぎり号」に乗って約100分の「御殿場駅」へ。そこで富士急バスに乗り換え約50分の「花の都公園入口」で降りましょう。バス停からは歩いて20分ほどで着きますよ。

富士山を背景に昼は季節の花、夜は幻想的なイルミネーションが楽しめる「花の都公園」。特に絶景好きの方は自然が生み出す神秘の景色、ダイヤモンド富士を見に足を運んでみてくださいね。

花の都公園
住所
山梨県南都留郡山中湖村山中1650
電話番号
0555-62-5587
営業時間
4月16日~10月15日/8:30~17:30
10月16日~11月30日・12月 1日~ 3月15日・3月16日~ 4月15日/9:00~16:30
休園日
12月1日~3月15日の毎週火曜日 ※祝祭日は除く
清流の里(有料エリア)営業時間
4月16日~10月15日/8:30~17:30
10月16日~4月15日/9:00~16:30
清流の里(有料エリア)入園料
4月16日~10月15日…大人/500円、子ども(小中学生)/200円
10月16日~11月30日・3月16日~4月15日…大人/300円、子ども(小中学生)/120円
12月1日~3月15日…無料

※情報は記事公開日時点のものになります。