見られたらラッキー♪富士山と太陽の美しい共演「ダイヤモンド富士」

富士山の山頂部分と太陽が重なる一瞬に起きる現象「ダイヤモンド富士」。今回は、神秘的でなかなか見られないダイヤモンド富士の発生条件とおすすめの観測スポットを紹介します。

ダイヤモンド富士はいつ・どこで見られる?

ダイヤモンド

ダイヤモンド富士は太陽と富士山、観測地点が一直線上に並ぶと目にすることができます。日の出時は富士山の西側、反対に日没時は東側が観測地点となります。晴れて空気が澄んでいること条件なので見られたら本当にラッキーです!

おすすめ観測スポット①山中湖

山中湖 ダイヤモンド富士

くじらの形をした山中湖は富士山すぐ近くの北東にあり、日没のダイヤモンド富士を観賞できます。沈みゆく太陽が雄大な富士山の頂上に重なった瞬間、光が放射線状に美しく広がり、その後、一瞬で光が山に吸い込まれるかのごとく辺りが暗くなります。何ともドラマチックですよね。

ダイヤモンド富士 山中湖

10月中旬頃から2月にかけてが観測シーズンと、チャンスが多いのも魅力!比較的天候が安定している2月初めから中旬にかけては「DIAMOND FUJI WEEKS」が開催され多くの写真家が集うのだとか。2019年は2月1日から2月22日に行われます。

山中湖
住所
山梨県南都留郡山中湖村

おすすめ観測スポット②本栖湖

本栖湖

本栖湖は本州で最も透明度が高い湖であり、きれいな逆さ富士が見られます。千円札の裏に描かれているのはここなんですよ。
富士山の北西にあり、日の出のダイヤモンド富士を観賞できます。真っ暗な夜空が段々明るくなっていくさまは溜息の出る美しさ!徐々に富士山のシルエットが現れ、その頂上に光輝く太陽が昇った瞬間の感動はひとしおです。

おすすめの場所は本栖湖の南にある竜ヶ岳展望台。初心者にも上りやすい山で初日の出スポットとしても人気です。登山を頑張った後に拝むダイヤモンド富士は一層輝いて見えるかもしれません!

初日の出ダブルダイヤモンド富士 富士山 2013年

大きくそびえる富士山にダイヤモンドのように輝く太陽を見るならぜひ山梨県へ!運が良ければ湖にもきらめく「ダブルダイヤモンド富士」も拝めるかもしれませんよ。

本栖湖
住所
山梨県南都留郡富士河口湖町身延町

※情報は記事公開日時点のものになります。