• 16/04/01
  • トリップ
  • 261views

トリドリ編集部

昼間の青空もいいけど、夜空もいい。 竹富島で星を眺める。

八重山諸島のひとつ、竹富島。
日暮れからしばらく経った白砂の道に、あちこちの宿から人が出てきました。
ハブ除けの懐中電灯の光を揺らしながら目指すのは、赤瓦の伝統家屋保存地区の西にある、その名の通り「西桟橋」。
今は使われていないこの桟橋は海に落ちる夕日で有名な観光名所ですが、夜は星空を眺めるのに最高の場所です。

高い建物がない竹富島の空はそれはそれは大きくて、美しい星空を存分に見ることができるのです。
ヒビの入ったコンクリートの桟橋は、横たわると昼間の熱が残りまだほんのりと温かく、見上げれば頭上には天の川が。まさに「降るような」満天の星空。
竹富島をはじめとした八重山諸島では、21ある一等星すべてと88ある星座のうち84を見ることができるそうです

桟橋に寝そべり、時折横切る流れ星を目で追っていると、時間の経つのも忘れてしまいます。
竹富島、燦々と降り注ぐ太陽もいいですが、空いっぱいの星も素敵ですよ。

imasia_13791445