• 16/04/09
  • トリップ
  • 195views

トリドリ編集部

初任給が○円余った!どんな旅行ができるの??

社会人1年目のフレッシャーズのみなさん!

社会人になって始めてのお給料。いくらもらえるのか気になってますよね!?意外なものにお金が必要になって思った以上になくなってしまいがちですが、せっかくの初任給なんだからちょっとくらいは贅沢したいもの。

そこで厚生労働省が発表している100~999人規模の企業の大学卒女性平均初任給額を参考に、余った金額別にどんな旅行ができるのかを紹介していきます。初任給の使い道の参考にしてみてください。

平成27年 女性 大学卒 企業規模100~999人
平均初任給
総支給額19.7万円 手取り額約16.2万円~16.7万円
※参考:賃金構造基本統計調査(初任給) 厚生労働省公表

(温泉でリフレッシュ!!――予算5,000円)

箱根湯本温泉

東京駅から箱根湯本駅まで電車で行けば往復最安値で3,600円。箱根湯本温泉エリアでは1,000円ほどで日帰り温泉を楽しめる施設がいくつかあります。

・天然温泉 和泉
箱根湯本駅から徒歩10分
入浴料 大人1,250円

・箱根湯寮
箱根湯本駅から無料送迎バスで約3分
入浴料 大人1,400円

・かっぱ天国
箱根湯本駅から徒歩2分
入浴料 大人800円 貸切風呂1,000円(45分) 足湯200円

駅から片道100円でいくつかの温泉施設を通るシャトルバスが運行しているので、1日時間をとればゆっくりと温泉三昧ができます。
食事は安く抑えないといけませんが、ちょっぴり贅沢な気分を味わえます♪

(有名テーマパークを満喫!!――予算10,000円)

富士急ハイランド

遊園地で一日たっぷり遊ぶのはどうでしょうか。

富士急行バスでは、東京駅から富士急ハイランドまでの往復バスチケット+入園・アトラクション乗り放題フリーパスセットを大人7,100円で販売しています。
園内のレストランで食事をしても十分10,000円以内で収まりますね!

東京ディズニーリゾートの1デーパスポートは6,900円。東京駅から舞浜駅まで往復440円。合わせも7,340円と10,000円を切る値段で楽しめます。しかし東京ディズニーリゾートは平日でも混雑しているのが難点。

そこでFind Travelというサイトでは混雑対策が書かれていますので参考にしてみてください。
参考サイト:東京ディズニーランドの混雑を避ける32の方法!知らない人は損してる!?(http://find-travel.jp/article/1624)

学生の頃はなかなか行けなかったテーマパークにも10,000円残すことができれば行けます。自分で稼いだ初給料で行けば今までよりもっと楽しめるかもしれませんね。

(避暑地で1泊とショッピング!――予算20,000円)

音羽ノ森

池袋や横浜から出発する西部高原バスでは、往復で6,000円以内で軽井沢のアウトレットまで行くことができます。コンビニやインターネットで簡単予約が取れるのがうれしいです。
西部高原バス公式サイト(http://www.seibubus.co.jp/kogen/index.html)

買い物が終わればそのまま近くのホテルにステイ!宿泊周辺のホテルは格安ビジネスホテルもありますが、有名ホテルでも食事付で10,000円台で宿泊できるプランもあります。

始めたばかりの仕事の緊張から解放されることまちがいなし!大自然に囲まれて、ちょっぴりリッチな週末を過ごすのも悪くありません。

(海外に行けちゃう!?――予算30,000円)

台湾

平均初任給額から言えば生活費を13万円ほどで抑えないといけません。一人暮らしを始めたばかりだとなかなか初任給を30,000円残すことは難しいかもしれませんが、これだけ残ればそれなりの贅沢を楽しむことができそうです。

例えば海外にだって行けちゃうんです!

台湾なら繁忙期を選ばなければLCC往復航空券が20,000円ほど、ホテルは安いところで7,000円弱のものがあり、屋台や地元の小さなレストランなどで食事をすれば全部で30,000円以内で抑えることができます。

国内でも沖縄や北海道ならLCC航空を使えば往復航空券とホテル合わせても20,000円ほどで抑えることができ、ホテルや食事をランクアップすることもできるでしょう。

(まとめ)

初任給

お金を貯めることも大切ですが、せっかくの初任給だから少しくらい贅沢してみたいものです。両親へのプレゼントに使うという人も多いと思いますが、まだ社会の大海原へと出たばかりなら、今しばらくは両親に甘えて楽しんでも罰は当たらないはずです!

というわけで初任給で旅行へ行くのはそれほど難しいことじゃないので、自分へのご褒美を満喫しましょう!