• 16/04/19
  • トリップ
  • 157views

トリドリ編集部

花と光と異国の街並みを楽しむ王国「長崎ハウステンボス」で、お姫様気分のリゾート体験

チューリップ富士と街並み

広大な敷地に広がる「ハウステンボス」は9つのエリアに分かれており、それぞれに特徴ある景色やアトラクション、レストランやショップが展開されています。
なかでも中心地となる「アムステルダムシティ」には、高さ4m×幅10mの「チューリップ富士」が期間限定で登場。ヨーロッパの街並みを模した背景とともに、フォトスポットとして人気のエリアです。
テーマパークの中にある唯一のホテル「ホテルアムステルダム」もこのエリアにあり、宿泊におすすめです。

光の滝とイルミネーション

「ハウステンボス」で必見なのは、全国イルミランキング3年連続第1位獲得の「光の王国」のイルミネーション。世界最大1300万球が輝く「光の王国」では、高さ日本一66mから流れ落ちる「光の滝」、かわいい動物たちの世界が広がる「光のどうぶつえん」、運河全体が虹色に輝き音楽と噴水のショーが楽しめる「光と噴水の運河」、7万球のLEDが光る「光の観覧車」など、みどころがいっぱいです。
昼間とは別世界の王国を、とくとご堪能あれ。

風車とチューリップ

「ハウステンボス」で忘れてならないフォトスポットは、入出国ゲート近くの「フラワーロード」。オランダを思わせる風車と一面に咲く季節の花が圧巻です。
昼間ももちろん美しい景色ですが、夜のライトアップされた花々もまた幻想的です。

ハウステンボスのお土産でおすすめなのが、チーズとワインとソーセージ。そして、食べ比べて買える「カステラの城」の、数々の長崎カステラ。季節ごとに訪れたいテーマパークです。