• 16/05/17
  • トリップ
  • 408views

トリドリ編集部

まさに九州の秘境!自然が作り出す絶景の高千穂を訪れよう!

高千穂峡
みなさんは高千穂に来たことがありますか?
高千穂は宮崎県北部に位置する、古事記にも出てくる天孫降臨の舞台、神話の舞台です。

そんな高千穂の観光地といえば高千穂峡!

その昔、阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が冷え固まり侵食されてできた峡谷です。
冷え固まった火砕流が侵食されてこんなにも深い峡谷ができる年月を想うと厳かな気分になりますね。

峡谷内の遊歩道からは、日本の滝百選に指定されており神話の舞台でもある「真名井の滝(まないのたき)」等を観ることができます。
滝を間近で観る事ができる貸しボートは大人気で、大型連休や行楽シーズンには長い時で数時間待ちになることも・・・早めの受付をオススメします!
夏は新緑、秋は紅葉が映え、季節を問わず高千穂で最も人気の観光地となっています。

国見ヶ丘
高千穂の国見ヶ丘は、秋から冬にかけて雲海スポットとして有名で、早朝にも関わらず大勢の観光客やカメラマンで賑わいます。
雲海が観れるのは、昼と夜の気温差が大きく、湿気があり風のない晴れた日の早朝。
条件は多いですが、その幻想的な光景を観る事が出来れば感動する事間違いありません!

天安河原
日本神話で太陽の神、天照大神が岩戸に隠れてしまい、世の中は暗闇に包まれたという伝説があります。
そこで八百万の神々が集まり神議を行った場所とされるのが天安河原です。
河原の洞窟を訪れると、まず大量に石が積まれた異様な光景が目に飛び込んできます。
神秘的かつ、どこか非現実的なその空間はパワースポットとして人気です。石を積むと願い事が叶うとされ、今でも多くの人々が想いを込めて積んでいきます。
訪れた際は、あなたも是非願いを込めて積んでみてはいかがでしょうか?

さて、今回のご紹介は以上になります。
ぜひみなさんも神話の舞台・高千穂で非日常の贅沢な空気を吸いに来てください!