• 16/05/30
  • トリップ
  • 234views

トリドリ編集部

先行チケット販売は今週末まで!今年で20周年目の今こそフジロックデビューするしかない!!

日本のロックフェスシーンのパイオニアとして毎年熱い夏を私達に届けてくれたフジロックは今年で20周年を迎えます!!

ビジョンに表示されるロゴ
トリドリ読者のみなさまはフジロックフェスティバルに行ったことがありますか?
フジロックはサマソニなどの都市型フェスとは違い、自然の中で行われるので天気が荒れた時の荒れっぷりはそれはもうひどく、全身ずぶ濡れ!な天気までもロックな仕様となっており、そのあたりが気軽には行けない夏フェスでもありますが、一度ゲートをくぐれば朝から晩まで音楽漬けのパラダイスがそこにあるので「行ってみたいけど行ったことない」と悩んでるそこのあなた!20周年の今年こそ行っちゃいましょう!!

グリーンステージ近辺
フジロックの会場は苗場山、ようするに苗場スキー場をまるっとフェス会場にしているのでとんでもなく広いです。

エリアの途中のあぜ道
そんな広い会場内をいくつかのエリアで分けて大小様々なステージが設置されており、それぞれのエリアは「歩き易くて空いている状態」で15分から20分くらい歩く距離感です。結構歩きます。
フジロックは悪天候で有名なフェスで、期間中どこかで豪雨が降るので土の地面がとてつもなくぬかるむので自ずとゆっくりペースになります。

ヘッドライナーのステージの様子

Photo credit: ogiwaratakao via Visual Hunt / CC BY

今年は20周年とあって例年にも増して豪華なラインナップが発表されています。まだまだ追加発表はあると思いますが、今年はなんといっても最終日ヘッドライナーのレッチリでしょう。学生時代「By the Wayすっげえ聴いてたよ」って人も多いんじゃないでしょうか。私は当時高1でした。セーラー服からブレザーに変わって大人になったような気がしていたあの頃「洋楽を聴いてる私って超クール」って勘違いしていました。

初日はシガーロス、2日目はベック。と、ヘッドライナーが連日実に魅力的。毎年ながらとても1日に絞れません。
そんなみんなにもちろん3日通し券!それから3日はキツイけど1日じゃ物足りないという欲張りピーポーのために2日通し券!それぞれ1日券よりも割安になっていますが、とくに先行発売分の割引率はとっても高くなっています。

その先行発売は今週いっぱい6/3(金)まで!!
宿だなんだは後回しにしてとりあえず買っちゃうっていうのもアリですよ!

レディオヘッド時の観客の様子

Photo credit: ogiwaratakao via VisualHunt / CC BY

というのも、レディオヘッドが最終日のヘッドライナーを務めた2012年のフジロックは3日通し券と最終日の1日券は売り切れました。
気になっているうちに売り切れた、なんて一番悲しくないですか?私は悲しかったです…観たかったよレディオヘッド…。

どうせ後から行きたくなるなら買っちゃえばいい、しかもどうせなら安いうちに!
私は強くそう思います。

■フジロックフェスティバル’16 オフィシャルウェブサイト
http://www.fujirockfestival.com/

■チケット情報
2次先行販売分〜6/3(金)まで
1日券:18,000円
2日券:34,000円
3日通し券:39,800円